山本高治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 高治郎(やまもと たかじろう、1916年 - )は、小児科医、聖路加国際病院名誉医長。

経歴[編集]

滋賀県生まれ。1941年東京帝国大学医学部卒。1953年東京大学医学博士。論文の題は「穀粉栄養障碍に於けるビタミンA欠乏症状発現に関する実驗的研究」[1]。 聖路加国際病院小児科医長、のち名誉医長。北里大学客員教授。1983年『母乳』で毎日出版文化賞受賞。

著書[編集]

  • 『赤ちゃん12か月』主婦と生活社 1962
  • 『母乳』岩波新書 1983

共著・編集[編集]

  • 『ママ聞いてちょうだい』緒方安雄,平井信義共著 産経新聞出版局 1963
  • 『看護のための水と電解質の知識』日野原重明,柴垣昌功共著 医学書院 1974
  • 『わたしの初孫ブック 孫との賢いつきあい方』日野原重明監修(編集顧問)実業之日本社 2001

翻訳[編集]

  • マルセル・ルロン『育児学』白水社 文庫クセジュ 1960

参考[編集]

  • 『母乳』著者紹介

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース