山本達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 達也(やまもと たつや、1975年 - )は、日本政治学者清泉女子大学文学部准教授。専門は国際関係論。

略歴[編集]

東京都出身。1999年慶應義塾大学総合政策学部卒業。2006年同大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了[1]。博士(政策・メディア)。

シリア・アレッポ大学学術交流日本センター主幹・客員研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員を経て、2008年名古屋商科大学准教授。 2013年より清泉女子大学文学部地球市民学科准教授[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『暮らしと社会のリデザイン:成長の限界とその先の未来』(花伝社, 2017年)
  • 『革命と騒乱のエジプト:ソーシャルメディアとピーク・オイルの政治学』(慶應義塾大学出版会, 2014年)
  • 『アラブ諸国の情報統制:インターネット・コントロールの政治学』(慶應義塾大学出版会, 2008年)

共編著[編集]

  • 『多様化する社会と多元化する知:「当たり前」を疑うことで見える世界』(ナカニシヤ出版, 2017年)
  • 『政治の見方』(八千代出版, 2010年)

共著[編集]

  • 『日本政治とカウンター・デモクラシー』(勁草書房, 2017年)
  • 『日本の政策課題』(八千代出版, 2016年)
  • 『清泉女子大学地球市民学科の挑戦:21世紀の学びをフィールドワークに求めて』(高文研, 2014年)
  • 『シリア・レバノンを知るための64章』(明石出版, 2013年)
  • 『イスラームの豊かさを考える』(丸善出版, 2011年)
  • 『ネットの高い壁:新たな国境紛争と文化衝突』(NTT出版, 2009年)
  • 『政策過程分析の最前線』(慶應義塾大学出版会, 2008年)
  • 『国家の現在』(芦書房, 2007年)
  • 『政治のレシピ:[旬の素材]で読むニッポン事情』(メタ・ブレーン, 2006年)
  • 『かわりゆく国家』(一藝社, 2002年)
  • 『サイバーポリティクス:IT社会の政治学』(一藝社, 2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 「エジプト政変」の裏に人口問題と油田減衰 『FACTA』2013年9月号
  2. ^ 『革命と騒乱のエジプト:ソーシャルメディアとピーク・オイルの政治学』(慶應義塾大学出版会, 2014年)

外部リンク[編集]