山本貴光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 貴光(やまもと たかみつ、1971年1月25日- )は、文筆家・ゲーム作家。

人物・来歴[編集]

1994年、慶應義塾大学環境情報学部卒業[1]。ゲームメーカ「コーエー」にてゲーム企画・プログラミングに従事したのち2004年に独立[2]。以後フリーランスのゲーム作家・文筆家・翻訳者として活動[1]。書評サイト「哲学の劇場」を共同主宰するほかモブキャストとプロ契約中[3]。日本図書設計家協会客員会員・金沢美術工芸大学客員教授[4]・立命館大学大学院先端総合学術研究科講師[5]。八雲出(やくも・いずる)の筆名でも活動する[6]

同居人・パートナーは橋本麻里[7]

ゲーム[編集]

  • 『That's QT』(PlayStation、2000)
  • 戦国無双』(PlayStation2、2004)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『デバッグではじめるCプログラミング』(翔泳社、2008)
  • 『コンピュータのひみつ』(朝日出版社、2010)
  • 『文体の科学』(新潮社、2014)
  • 『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書、2015)
  • 『「百学連環」を読む』(三省堂、2016)
  • 『文学問題(F+f)+』(幻戯書房、2017)
  • 『投壜通信』(本の雑誌社、2018)
  • 『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』(本の雑誌社、2020/7)
  • 『記憶のデザイン』 (筑摩選書、2020/10)

共著[編集]

  • 『心脳問題 「脳の世紀」を生き抜く』(吉川浩満共著、朝日出版社、2004)
  • 『問題がモンダイなのだ』(吉川浩満共著、ちくまプリマー新書、2006)
  • 『ゲームの教科書』(馬場保仁共著、ちくまプリマー新書、2008)
  • 『サイエンス・ブック・トラベル 世界を見晴らす100冊』編(河出書房新社 、2015)
  • 『脳がわかれば心がわかるかー脳科学リテラシー養成講座』(吉川浩満共著、太田出版、2016)
  • 『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎共著、ちくまプリマー新書、2018)
  • 『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。: 古代ローマの大賢人の教え』(吉川浩満共著、筑摩書房、2020/3)
  • 『人文的、あまりに人文的 古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社、2021/1 *吉川浩満共著

翻訳[編集]

編集協力書[編集]

  • 杉山知之『クリエイター・スピリットとは何か?』(ちくまプリマ-新書、2007)
  • 川端幹人『タブーの正体!――マスコミが「あのこと」に触れない理由』(ちくま新書、2012)
  • 日本保健物理学会「暮らしの放射線Q&A活動委員会」『専門家が答える 暮らしの放射線Q&A』(朝日出版社、2013)
  • 岡ノ谷一夫『「つながり」の進化生物学』(朝日出版社、2013)
  • 仲谷正史+筧康明+三原聡一郎+南澤孝太『触楽入門――はじめて世界の触れるときのように』(朝日出版社、2016)
  • 三宅陽一郎『人工知能のための哲学塾』(BNN、2016)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 岩波新書編集部 (2018年11月25日). “在野に学問あり 第2回 山本貴光・吉川浩満” (日本語). iwanami. 2020年5月21日閲覧。
  2. ^ 山本貴光 | 著者プロフィール | 新潮社” (日本語). www.shinchosha.co.jp. 2020年5月21日閲覧。
  3. ^ 【山本貴光氏インタビュー】コンピュータという道具をもっと身近に感じるために” (日本語). ビジネス+IT. 2020年5月21日閲覧。
  4. ^ 山本 貴光(やまもとたかみつ)「哲学の劇場」主宰”. 書評専門紙「週刊読書人ウェブ」. 2020年5月21日閲覧。
  5. ^ 山本 貴光(やまもと・たかみつ) | 立命館大学大学院 先端総合学術研究科”. 2020年11月11日閲覧。
  6. ^ プロフィール - 作品メモランダム」『作品メモランダム』、33577200。2018年11月24日閲覧。
  7. ^ [1]

外部リンク[編集]