山本角義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 角義(やまもと かくよし、1914年3月3日 - 1982年1月30日)は日本の武術家。

大東流合気柔術中興の祖、武田惣角の直弟子。無限神刀流居合術流祖。

秋田県出身。本職は板前。大東流合気柔術を武田惣角に学び教授代理の資格を印可される。一説に大東流合気柔術総主の名乗りを武田惣角に許されたとも独自に称したとも言われるが詳細は不明。

略歴[編集]

秋田県出身、本名山本留吉(やまもと とめきち)。武田惣角の遺した英名録の記録によると昭和16年(1941年)入門、昭和17年(1942年)に教授代理を印可される。惣角から大東流合気柔術と小野派一刀流剣術を学び後に無限神刀流居合術を創始する。武号は武田惣角源正義の惣角のの字と源正義のの字から一文字ずつを許されて角義、斎号は一刀斎

本職は板前で第二次世界大戦後は北海道函館市にて、後に北海道苫小牧市に柔進館道場を開設し大東流合気柔術と新たに創始した無限神刀流居合術の二流儀を名乗って門弟の育成を行う。

主な門人に佐藤金兵衛、須藤丈、長尾全祐、橋本史郎、岩隈勉、鵜沢勝彦らがいる。

山本角義派大東流合気柔術伝人[編集]

大東流中興之祖
武田惣角
山本派元祖
山本角義
第二代
佐藤金兵衛、長尾全祐、須藤丈、橋本史郎、岩隈勉、鵜沢勝彦
第三代
吉丸慶雪、種村匠刀、堀米秀夫、吉田智彦、後藤光春
第四代
有満庄司

外部リンク[編集]

※括弧内は本部所在地を示す。