山本藤枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 藤枝(やまもと ふじえ、1910年12月7日 - 2003年7月7日)は、日本の児童文学作家翻訳家。夫は詩人山本和夫

略歴[編集]

和歌山県生まれ。本名・フジヱ。東京女子高等師範学校卒業。別名・露木陽子。1977年『細川ガラシャ夫人』で産経児童出版文化賞受賞。子供向けの伝記、海外作品の再話・翻訳を多くしたが晩年は日本史上の女性を多く描いた。日本文芸家協会会員、児童文学者協会会員を務めた。2003年、肺炎のため92歳で死去[1]

著書[編集]

共著[編集]

  • 日本の女性史 第1-4 和歌森太郎 集英社 1965-1966 のち文庫
  • 百夜一話・日本の歴史 第1-9 和歌森太郎 集英社 1969-1970

再話・翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本藤枝さん死去 作家、女性史研究家 - 47NEWS、2003年7月7日