山本薫 (アラブ文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 薫(やまもと かおる、1968年7月 - )は、日本文学者。専門は、アラブ文学

慶応義塾大学総合政策学部専任講師博士(文学)

略歴[編集]

1992年東京外国語大学外国語学部アラビア語学科卒業、シリアエジプトへの留学を経て、2002年東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。 2008年4月より東京外国語大学大学院地域文化研究科中東・イスラーム研究教育プロジェクト助教、2009年4月、改組により配置換え、2010年3月まで同大学世界言語社会教育センター教育プロジェクト支援部門助教。東京外国語大学、一橋大学日本女子大学立教大学等の非常勤講師を歴任し、2019年より現職。

研究業績[編集]

  • 「ハイファの作家、エミール・ハビービー:都市の記憶としての文学」『日本中東学会年報』23-2号(2008年1月)、171-191頁
  • 「ハビービーの血脈」『en-taxi』17号、138-139頁、2007年3月
  • (共著)『ワールドカルチャーガイド21 エジプト』トラベルジャーナル、220頁、2001年
  • (翻訳)エミール・ハビービー著『悲楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』作品社、237頁、2006年12月