山本草二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 草二(やまもと そうじ、1928年(昭和3年)2月25日 - 2013年(平成25年)9月19日)は日本国際法学者国際海洋法裁判所裁判官。東北大学名誉教授法学博士東京大学、1969年)(学位論文「宇宙通信の国際法-国際企業の法形態として-」)。長野県上田市出身。

経歴[編集]

  • 1940年(昭和15年)4月:旧制神奈川県立横浜第三中学校入学
  • 1947年(昭和22年)4月:旧制都立高等学校文科乙類入学
  • 1950年(昭和25年)3月:旧制都立高等学校文科乙類卒業
  • 1950年(昭和25年)4月:東京大学法学部政治学科入学
  • 1953年(昭和28年)3月:東京大学法学部政治学科卒業
  • 1953年(昭和28年)4月:東京大学法学部大学院入学
  • 1954年(昭和29年)5月:東京大学法学部大学院中退
  • 1954年(昭和29年)6月:熊本大学法文学部助手
  • 1955年(昭和30年)10月:熊本大学法文学部専任講師
  • 1958年(昭和33年)4月:熊本大学法文学部助教授
  • 1961年(昭和36年)12月:国際基督教大学教養学部社会科学科助教授
  • 1965年(昭和40年)4月:国際基督教大学教授
  • 1967年(昭和42年)4月:成蹊大学政治経済学部教授
  • 1976年(昭和51年)3月:東北大学法学部教授
  • 1988年(昭和63年)4月:東北大学名誉教授、上智大学法学部教授
  • 1996年(平成8年)10月:国際海洋法裁判所裁判官
  • 1998年(平成10年)3月:上智大学退職
  • 2013年(平成25年)9月19日:誤嚥性肺炎のため死去[1]。85歳没

著書[編集]

単著[編集]

  • 『宇宙通信の国際法――国際企業の法形態として』(有信堂、1966年)
  • 『インテルサット(国際電気通信衛星機構)恒久協定の研究』(国際電信電話、1973年)
  • 『国際漁業紛争と法』(玉川大学出版部、1976年)
  • 『放送衛星をめぐる自由と規制』(玉川大学出版部、1979年)
  • 『国際法における危険責任主義』(東京大学出版会、1982年)
  • 『国際法』(有斐閣、1985年/新版、1994年)
  • 『国際刑事法』(三省堂、1991年)
  • 『海洋法』(三省堂、1992年)

編著[編集]

共編著[編集]

  • 内田久司)『国際法を学ぶ――現代国際法の理解のために』(有斐閣、1977年)
  • 皆川洸)『演習法律学大系(18)演習国際法』(青林書院新社、1977年)
  • 寺沢一)『国際法の基礎』(青林書院新社、1979年)
  • 杉原高嶺)『海洋法の歴史と展望――小田滋先生還暦記念』(有斐閣、1986年)

脚注[編集]

出典[編集]