山本茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本茜
Akane-Yamamoto20111219.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1983-08-26) 1983年8月26日(38歳)
身長 151cm
体重 46kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 愛知県競馬組合
所属厩舎 今津博之(名古屋)
勝負服 胴青・橙星散らし、袖青・橙縦縞
初免許年 2005年
テンプレートを表示

山本 茜(やまもと あかね、1983年8月26日 - )とは、地方競馬名古屋競馬場今津博之厩舎に所属していた元騎手である。地方競馬教養センター騎手課程第82期生[1]。好きな騎乗方法は先行。

略歴[編集]

神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業後、2005年9月29日付けで地方競馬騎手免許を取得[2]し、原口次夫厩舎からデビュー。新人騎手ながら2005年11月に荒尾競馬場で行われた全日本レディース招待競走で3位になるなどの活躍を見せ、2006年11月-2007年1月に荒尾競馬場、高知競馬場、名古屋競馬場で開催されたレディースジョッキーズシリーズ2006荒尾ラウンド、名古屋ラウンドで1位を獲得し、同シリーズ総合優勝を果たした。

2006年3月8日笠松競馬第3競走で勝利し、ばんえいをのぞく日本の女性騎手としてはデビューから最短で通算30勝を達成[3]。従来の記録を大幅に縮めるものであった。同年6月22日には名古屋競馬第8競走で通算50勝[4](現役女性騎手のなかで当時最短日数[注 1])、翌2007年3月7日の名古屋競馬第8競走において通算100勝を達成[5](1年4か月と19日での達成は女性騎手の歴代最短記録[5])し、女性騎手の記録を更新した。

2007年5月28日原口次夫厩舎から川西毅厩舎に所属変更した。

2007年10月、「セクハラ訴訟」を起こし話題となったが、裁判前に訴訟を取り下げた(後述)。レディースジョッキーズシリーズ2007では浦和ラウンドを病気を理由に欠場したが、2008年1月に復帰した。

2008年3月からニュージーランドに遠征。当初は3か月の予定だったが引き続き滞在してトライアルレース(能力試験)での騎乗を重ね、2009年4月にニュージーランドの騎手免許を取得した[6]ランス・アンソニー・オサリバン厩舎に所属し、4月4日よりニュージーランドのレースでの騎乗を開始し[7][8]、13戦2勝の成績を収めた。

2009年6月に帰国し[9]、7月1日の名古屋競馬第7競走から騎乗を再開した[10][11]

2010年5月10日川西毅厩舎から今津博之厩舎に所属変更した。

同年ゴールドウィング賞をミサキティンバーにて制し重賞初勝利を記録[12][13]

2011年6月20日から半年間の予定で釜山慶南競馬場で期間限定騎乗を行い[14]、最終的には12月16日まで騎乗し167戦28勝・2着21回・3着17回の成績を収めた。

2012年11月2日の名古屋競馬2Rに騎乗する前に馬にパドックで顔面を蹴られて失明の危機に陥るほどの大けがを負い、その後はレースで騎乗していなかった。 地方競馬全国協会の免許試験で騎手免許の継続が認められなかったために、2015年12月31日付で騎手免許が失効[15][16]

セクハラ訴訟[編集]

2007年10月、以前所属していた原口次夫調教師からたびたび抱きつかれたり、調教師自ら全裸になった後に「おれはお前に全部を見せることができる。お前も包み隠さずに見せてみろ」などと言って、全裸になるように強要されたりといった悪質なハラスメント行為(セクハラパワハラ)を受けたとして、この調教師に損害賠償を求め名古屋地裁に提訴した。原口は自ら全裸になったのは認めつつも、これは性的な意味はなく説教のためであり、山本が弟子入りしてからの行動の積み重ねも原因であるとのコメントを行っている[17]。原口は新人の山本に対し、実力馬に積極的に騎乗させるなど異例ともいえるバックアップをしてきたが[18]5月11日に「指示に従わない」(調教、レースを指示どおりに乗らない、遅刻が多過ぎる、全裸にならないなど)として山本との契約解除を発表していた。その後山本が所属した厩舎の川西毅調教師は「裸になって話すようなしきたりは名古屋にはない」とコメントしている[19]

しかし裁判がスタートする前の10月24日に「時間と労力を訴訟ではなく、馬に乗ることに使いたい」とコメントし、訴訟を取り下げることとなった[20][21]。弁護士によれば本人はいまだセクハラを受けた気持ちではあるが、騒ぎが大きくなり過ぎたのも一因だという。

成績[編集]

日付 競馬場 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2005年10月17日 名古屋2R サラ3歳5組 サンデーハウス 8頭 5 7着
初勝利 2005年10月17日 名古屋9R サラ系B2組 ソングフォーユウ 10頭 2 1着
重賞初騎乗 2005年12月31日 名古屋8R 東海ゴールドカップ ニッタレヴュー 10頭 6 5着
重賞初勝利 2010年11月5日 名古屋10R ゴールドウィング賞 ミサキティンバー 12頭 4 1着
  • 表彰 2006年度NARグランプリ(優秀女性騎手賞、優秀新人騎手賞)
  • 地方通算成績 2466戦270勝・2着289回・3着290回・勝率10.9%・連対率22.7%(2011年12月31日現在)

主な騎乗馬[編集]

注釈・脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年8月6日高知競馬所属の別府真衣が塗り替えている。

脚注[編集]

  1. ^ 第87期騎手候補生の修了 - 地方競馬情報サイト
  2. ^ 平成17年度第2回調教師・騎手免許試験新規合格者発表 - 地方競馬情報サイト
  3. ^ 女性ジョッキー・山本茜騎手(愛知)が30勝達成(keiba.go.jp、2006年3月8日)
  4. ^ 山本茜騎手(愛知)現役女性騎手最短で50勝達成(keiba.go.jp、2006年6月22日)
  5. ^ a b 山本茜騎手(愛知)地方競馬通算100勝達成!(keiba.go.jp、2007年3月7日)
  6. ^ 山本茜騎手がNZデビュー 免許取得、今週末2クラ - 中日スポーツ・2009年4月2日 [リンク切れ]
  7. ^ ニュージーランドでの初騎乗が決まりました - 山本茜公式ブログ
  8. ^ 山本茜騎手がニュージーランドで初騎乗 - netkeiba.com
  9. ^ 山本茜騎手、帰国 - 赤見千尋のRed View
  10. ^ 山本茜騎手(愛知)がNZ遠征から帰国 - 地方競馬情報サイト TOPICS-2009・2009年6月26日
  11. ^ 山本茜騎手がニュージーランド遠征から帰国 - netkeiba.com
  12. ^ 山本茜騎手(愛知)が重賞レース初制覇 - TOPICS-2010・2010年11月5日
  13. ^ 山本茜騎手&ミサキティンバーが重賞初勝利/名古屋・ゴールドウィング賞 - netkeiba.com
  14. ^ 愛知の山本茜騎手が韓国で期間限定騎乗 - netkeiba.com
  15. ^ 名古屋競馬の【山本 茜】騎手について - 名古屋競馬公式サイト
  16. ^ 山本茜騎手の免許失効 3年前に馬に蹴られ失明の危機 復帰目指したが… - スポニチアネックス
  17. ^ 調教師をセクハラで提訴 名古屋競馬の山本茜騎手 中日新聞 2007年10月20日閲覧 [リンク切れ]
  18. ^ 2007年04月17日に掲載された山本茜のインタビュー (毎日新聞) Archived 2007年10月25日, at the Wayback Machine.
  19. ^ 女性騎手が調教師をセクハラ提訴 (日刊スポーツ) Archived 2007年10月23日, at the Wayback Machine.
  20. ^ 山本茜騎手が訴訟取り下げ (スポニチ) Archived 2007年10月25日, at the Wayback Machine.
  21. ^ 山本茜騎手が訴訟を取り下げ - netkeiba.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]