山本良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 良一(やまもと りょういち、1946年8月30日[1] - )は、日本工学者環境材料科学環境経営学)。学位工学博士文部科学省科学官、東京大学生産技術研究所名誉教授東京都市大学教授

来歴[編集]

1946年、茨城県水戸市にて生まれた。

東京大学工学部冶金学科にて工学を学ぶ。その後、東京大学大学院に進み、工学系研究科にて博士課程を修了した。

大学院修了後は学究活動に従事し、1988年から東京大学先端科学技術センター教授。1992年に東京大学生産技術研究所教授に転じた[2]2001年、東京大学国際・産学共同研究センターのセンター長に就任。

専門は材料科学、持続可能製品開発論、エコデザイン学。エコマテリアル・フォーラム名誉会長、環境経営学会会長、環境プランニング学会会長、日本LCA学会会長、LCA日本フォーラム会長、環境効率フォーラム会長、国際グリーン購入ネットワーク会長、エコプロダクツ展示会実行委員長、北京大学、清華大学など中国の33の客員教授を歴任している。

研究[編集]

人工超格子、計算材料学、エコマテリアルなど、材料工学環境学についての研究が多い。

企業経営において環境への配慮は不可避であると主張している。「環境経営」の概念を積極的に推奨しており、「本業すべてが環境に配慮されたものになっていなければならな」[3]いと主張している。「90年代は環境経営が急速に日本社会で普及して、ある一定の効果があが」[3]ったと指摘したうえで「今世紀は『相対的な環境経営』から『絶対的環境経営』に変わった」[3]と主張している。

チーム・マイナス6%」プロジェクトに対しては、「21世紀はもう、『絶対的環境経営』。つまり、『チーム・マイナス80%』。これをやらないといけません」[4]と発言している。クールビズ福田ビジョンに対しては「福田ビジョンで唱えられた『低炭素革命』は、明治維新に例えるとわかりやすい。3年前の小池百合子さん(元環境相)によるクールビズ断髪令廃刀令だった」[5]と発言している。

また、エコプロダクツやグリーン購入などを通じて、環境問題に対し財貨や役務の生産面と調達面の双方からアプローチしている。

略歴[編集]

  • 1969年 - 東京大学工学部卒業。
  • 1974年 - 東京大学大学院博士課程修了。
  • 1974年 - マックス・プランク金属研究所客員研究員
  • 1981年 - 東京大学工学部金属材料学科助教授
  • 1988年 - 東京大学先端科学技術センター教授。
  • 1992年 - 東京大学生産技術研究所教授。
  • 2011年 - 東京都市大学環境情報学部教授。

著作[編集]

ウェブサイト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]