山本聡 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 聡(やまもと さとし、1978年 - [1])は、日本経営学者東洋大学経営学部教授。専門は中小企業経営論[1][2]

経歴[編集]

慶應義塾大学商学部を卒業して同大学大学院商学研究科へ進み、さらにイギリスウォーリック大学に留学して、2005年1月にウォーリック大学から、3月に慶應義塾大学から修士を取得した[2]。同年4月に機械振興協会経済研究所の研究員となり、7年間勤務した[2]。この間に、一橋大学大学院経済学研究科博士課程に進み、単位取得満期退学した[2]

2012年東京経済大学経営学部専任講師となり、2015年に准教授に昇任した[2]

この間、2014年に、「国内機械製造業における企業の意思決定主体の属性と投資行動」により、一橋大学から博士(経済学)を取得した[3]

東京都の「東京の中小企業振興を考える有識者会議」[4]など行政関係の各種委員も務め[2]、企業経営者や技術者向けの講演や寄稿も多く、テレビ番組にも出演している[1]

2019年、東洋大学経営学部教授に転じた[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ビッグデータで検証・あなたの知らない日本経済 意外? 葬儀会社は2000年以降創業が4分の1”. 日経BP社 (2018年8月31日). 2018年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 准教授 山本 聡 YAMAMOTO Satoshi”. 東京経済大学. 2018年10月11日閲覧。
  3. ^ 国内機械製造業における企業の意思決定主体の属性と投資行動”. 国立国会図書館. 2018年10月11日閲覧。
  4. ^ 「東京の中小企業振興を考える有識者会議」 委員名簿 (PDF)”. 東京都. 2018年10月11日閲覧。
  5. ^ 山本 聡 ヤマモト サトシ”. 東洋大学. 2019年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]