山本秀久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 秀久(やまもと ひでひさ、1935年11月26日[1]- )は、日本政治家熊本県議会議員(自由民主党所属、9期)。

川辺川ダムの建設に賛成しており代替案として示されている河床掘削や堤防かさ上げ、緑のダム等については反対の立場を取っている[2]

熊本県PRキャラクターくまモンに「正式の式典でふざけていると感じる場面がある。礼儀をきちんとさせないとだめだ」と「しつけ」の必要があると指摘[3]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
古閑三博
自民党熊本県県連会長
第11代
次代: