山本真千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 真千子(やまもと まちこ、1963年 - )は、日本検察官法務省人権擁護局総務課長大阪地方検察庁特別捜査部長を経て、函館地方検察庁検事正

来歴・人物[編集]

兵庫県出身。大阪市立大学卒業[1]。1991年検察官任官、東京地方検察庁検事。2008年金沢地方検察庁次席検事。2010年大阪地方検察庁刑事部副部長。2011年京都地方検察庁特別刑事部長。2012年東京地方検察庁総務部副部長。2013年東京地方検察庁刑事部副部長[2]。同年東京高等検察庁検事を経て、法務省人権擁護局総務課長[3]。2015年から大阪地方検察庁特別捜査部長を務め、森友学園問題では捜査指揮を行い[1][4]、不起訴処分にしたことに関し報道陣への説明を行うなど、「特殊性に鑑みた」として異例の対応を行った[5]。2018年函館地方検察庁検事正[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 函館地検 検事正に山本真千子氏 前大阪地検特捜部長 森友問題の捜査指揮 /北海道毎日新聞2018年6月30日
  2. ^ 「検事正あいさつ」検察庁
  3. ^ 「人事、法務省 」日本経済新聞(2013/7/5 5:00)
  4. ^ “民進・江田憲司氏のツイートが炎上「大阪地検の女性特捜部長のリーク…」”. 産経新聞 (産経新聞社). (2018年4月6日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/180406/plt1804060037-s1.html 2018年4月7日閲覧。 
  5. ^ 佐川氏ら不起訴 「森友」文書改ざん 大阪地検日本経済新聞2018/5/31 15:11