山本怡仙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 怡仙(やまもと いせん、1828年 - 1880年9月12日)は日本実業家教育者。幼名は仙次郎、字は等一、通称は平三郎また階、怡仙、怡僲、別に楳堂或いは梅堂逸人ともした。松井耕雪松村友松とともに幕末から明治初期にかけて「府中三人衆」とも称すべき人物で、府中の文化産業の発展に尽くした功績は甚だ大きい。

歌人橘曙覧いとこ。官僚、政治家町村金五は孫。官僚、政治家町村信孝は曾孫。

人物[編集]

  • 越前府中(現福井県越前市、旧武生市)に生まれた。生家は代々、の製造を業とし、「天王屋」と称し、領主本多家の御用商人だった。
  • 1856年府中に立教館を創設し、その資金を寄付した。
  • 1863年福井藩三岡八郎(由利公正)と相謀り、オランダへ輸出しようとしたが、失敗した。
  • 1872年武生進修小学校開校に尽力した。教師、学務員に任ぜられた。
  • 1879年北海道に渡り開拓使庁工業局に勤務した。産業発展策を論じた建白書を提出し、私費をもって越前から三木某外一名を招き、屋根瓦を製造せしめた。
  • 1880年乗馬で石狩川沿岸の地質調査中落馬し、それが原因となって死去。法名は智光院以信日覚居士。町村金弥が遺骨を郷里の武生へ送りとどけた。

家族親族[編集]

参考文献[編集]

  • 町村金五伝』 北海タイムス社 1982年 439-441頁
  • 町村信孝 『保守の論理 「凛として美しい日本」をつくる』 PHP研究所 2005年 139-144頁