山本忠興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 忠興(やまもと ただおき、1881年明治14年)6月25日 - 1951年昭和26年)4月21日)は、日本の電気工学者発明家教育者

略歴[編集]

高知県出身、植村正久の指導でキリスト教に入信。 高知県尋常中学校第一高等学校を経て、1905年東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業、芝浦製作所に入り、1909年から2年間、欧米に留学して電気機械設計を学んだ。

帰国後、叔父である竹内明太郎が新設に尽力した早稲田大学理工科に招かれ、1912年教授に就任。1917年7月16日工学博士の学位を取得[1]。電気工学科教務主任や理工学部長を歴任した[2]

電気機械の発明者として知られ、とくにテレビジョン研究が有名で、1925年川原田政太郎らとともに研究に着手、1930年には早大式テレビを完成、公開した。1930年、この発明により十大発明家の一人として宮中賜餐の栄に浴した。1931年朝日賞を受賞。

1934年、早稲田大学を辞任し、内閣調査局専門委員、日本基督教青年会同盟委員長をつとめたが、1943年再び早稲田大学理工学研究所所長に就任する。日本聾話学校長、東京女子大学理事長、久我山電波工業専門学校長などを兼務、そのほか世界日曜学校協会副会長もつとめた。また、国際基督教大学建設委員会中央委員長、同学園理事長、評議員会会長などを歴任し、国際基督教大学の創立に尽力[3]

スポーツ指導者としても、早稲田大学野球部早稲田大学競走部の部長、早稲田大学体育会長[2]学生陸連会長、1928年アムステルダムオリンピックの日本選手団総監督などを務め、足跡を残した。[4]

その他[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『子供電気学』興文社・文藝春秋社〈小学生全集 第57巻〉、1929年6月。
  • 『電気機械』上巻、大同評論社〈綜合工学全集 16〉、1929年8月。
  • 『電気機械』下巻、大同評論社〈綜合工学全集 17〉、1929年10月。
  • 『電気機械』上巻、誠文堂工学全集刊行会、1931年9月。
  • 『電気機械』下巻、誠文堂工学全集刊行会、1931年12月。
  • 『日本日曜学校史』日曜世界社、1931年10月。
    • 『日本日曜学校史』日曜世界社、1941年10月。
    • 『日本日曜学校史』大空社〈日本教育史基本文献・史料叢書 59〉、1998年12月。ISBN 9784872366594
  • 『新制物理学教科書』日本教科書刊行会、1932年9月。
  • 『青年と立志』社会教育協会〈民衆文庫 第125篇〉、1937年7月。
  • 『新入学生に対する訓示』早稲田大学、1938年4月。

監修[編集]

  • 『詳解スポーツ用語辞典』実業之日本社、1931年10月。

共編著[編集]

  • 山本忠興、谷津善次郎、大工原銀太郎『科学と信仰』日本基督教興文協会〈伝道叢書 第15〉、1916年12月。
  • 山本忠興、小川芳太郎『電気工学大意・練習問題解説』アルス〈アルス機械工学大講座 第15巻〉、1935年10月。
  • 『テレビジョン』山本忠興・川原田政太郎編、誠文堂新光社、1936年9月。
  • 山本忠興、川原田政太郎『変圧機・誘導電動機』早稲田大学出版部〈早稲田電気工学講義 7〉、1937年10月。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1545号、大正6年9月25日。
  2. ^ a b 山本忠興資料 - 早稲田大学
  3. ^ 早稲田大学人名データベース
  4. ^ Stefan Huebner, Pan-Asian Sports and the Emergence of Modern Asia, 1913-1974. Singapore: NUS Press, 2016, 55-101ページ所収.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
浅野応輔
早稲田大学理工学部
3代:1921年 - 1943年
次代:
内藤多仲
先代:
太刀川平治
電気学会会長
16代:1929年 - 1930年
次代:
利根川守三郎