山本工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社山本工業
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
750-0324
山口県下関市菊川町久野741-1[1]
設立 1954年4月12日[1]
(創業1914年
業種 電気機器
事業内容 自動車部品、釣具の製造
代表者 山本哲也(社長[1]
資本金 1000万円 [1]
売上高 約45億円(2010年3月期)[1]
従業員数 約90名[2]
特記事項:2013年1月31日付で山口地方裁判所下関支部に破産申請[1][2]
テンプレートを表示

株式会社山本工業は、かつて存在した自動車部品製造会社。山口県下関市に本社を置いていた。

概要[編集]

1914年大正3年)に清涼飲料の製造販売を目的として創業し、1954年昭和29年)に有限会社山本飲料として法人化[1]1970年(昭和45年)にシマノ山口の協力工場となって以降、自転車部品の組立加工を開始し、1972年(昭和47年)に有限会社山本工業に社名を変更[1]1988年(昭和63年)より釣具製造や自動車部品の製造も始め、2004年平成16年)に株式会社に改組した[1]

日産自動車マツダ向けワイヤーハーネスなどの自動車向け電装部品の製造が中心で、1990年(平成2年)に中国青島に釣具工場の設置、釣具店の経営など業務を拡大し、2008年(平成20年)3月期には約58億円の売上高があった[1][2]。しかし、リーマン・ショック東日本大震災以降業績が落ち込み、2012年反日デモで青島の工場が焼き打ち被害に遭い備品を盗難されるなどして生産が停止したことも響き、2013年1月31日破産した[1][2]。負債総額は34億円で、従業員90名は全員解雇された[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l (株)山本工業” (日本語). 倒産速報. 東京商工リサーチ (2013年2月1日). 2013年9月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e “下関の企業 破産を申請 負債総額34億円=山口” (日本語). 読売新聞(西部朝刊、山口): p. 33. (2013年2月3日)  - ヨミダス文書館にて2013年9月16日閲覧。

関連項目[編集]