山本安幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本安幸
プロフィール
愛称 アンコー
出身地 日本の旗 日本 新潟県新潟市
勤務局 エフエム雪国(取締役放送局長)
職歴 和歌山放送~新潟総合テレビ(アナウンサー)~雪国まいたけ(取締役)
活動期間 1968年~
担当番組・活動

山本 安幸(やまもと やすゆき、1946年 - )は、株式会社エフエム雪国取締役放送局長[1][2]、元アナウンサー新潟県新潟市出身、現在は長岡市在住。

略歴[編集]

新潟県立新潟高等学校を経て早稲田大学政治経済学部卒業。和歌山放送アナウンサー勤務を経て、1973年新潟総合テレビに中途入社。スポーツ中継や夕方のNSTワイド630NSTワイド6:00のキャスターを務めた。名前の音読みであるアンコーさんの愛称でも親しまれた。またNSTアナ時代、1990年代に放送された「サントリーウイスキー角瓶」のCMに新潟テレビ21アナウンサー(当時)山本肇テレビ新潟アナウンサー(当時)の小幡章新潟放送パーソナリティーの大倉修吾と共演。

その後NSTを退職し、株式会社雪国まいたけ取締役に転身。1998年エフエム雪国の立上げに参画し、取締役放送局長に就任。1998年ギャラクシー奨励賞2002年同選奨を受賞。

過去(出演)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤聡子と新潟の経営者”. けんと放送 (2015年3月14日). 2016年2月6日閲覧。
  2. ^ アナウンサー紹介”. FMゆきぐに. 2016年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]