山本孝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 孝義(やまもと たかよし、1951年 - )は、日本テレビプロデューサー実業家中京テレビ放送代表取締役社長や、日本民間放送連盟副会長、鳥取県県政顧問等を務めた。

人物・経歴[編集]

鳥取県鳥取市出身[1]。1973年名古屋工業大学工学部電気工学科卒業、中京テレビ放送入社、総務部配属。労働基準法などを取り扱ったのち、音声ミキシング担当を経て、テレビ番組制作部門でアシスタントディレクターから始めディレクターを務めるなど演出に19年間携わった。2006年取締役経理局長。2007年取締役総務局[2][3]。2011年常務取締役総務局長に就任。2013年から代表取締役社長を務めた[4]。2014年鳥取県県政顧問[5]日本民間放送連盟副会長[6]。2016年相談役に退いた[7]。この間、東海電気通信協力会会長[8]中京ゴルフ倶楽部理事[9]あいちトリエンナーレ実行委員会参与なども務めた[10]

2021年4月の春の叙勲旭日中綬章受章[11][12]

作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
徳光彰二
中京テレビ放送社長
2013年 - 2016年
次代:
小松伸生