山本光幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
山本光幸
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 文明18年(1486年)?
死没 天正6年11月29日1578年1月6日?
別名 貞久、通称:藤七郎
主君 今川氏親
氏族 山本氏
父母 父:山本貞幸、母:大橋入道娘・
兄弟 吉野貞継、石松、女子、光幸
鶴(桑名城内室)、勘助
養兄弟:貞重
勘助?
テンプレートを表示

山本 光幸(やまもと みつゆき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将今川氏の家臣。甲斐武田氏足軽大将である山本勘助の近親とされる。

略歴[編集]

山本貞幸の三男として誕生。勘助晴幸の兄と伝わる。今川氏親に仕え、大いに戦功があったという。一説によると山本勘助の父とされる。この説によると勘助は三男で、三河国八名郡賀茂[注釈 1]の生まれという。

大河ドラマ・『風林火山』では「山本貞久」となっており、氏親亡き後、今川家家臣で花倉城主・福島越前守と共に玄広恵探を擁立して梅岳承芳[注釈 2]擁立派に対抗したが敗北し、そこに居合わせた弟・勘助に介錯を依頼して自刃している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 愛知県豊橋市賀茂町。
  2. ^ 後の今川義元

出典[編集]