山本元気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 元気
基本情報
通称 右の殺し屋
階級 スーパーフェザー級AJKF
身長 166cm
体重 60kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-08-02) 1977年8月2日(44歳)
出身地 京都府
テンプレートを表示

山本 元気(やまもと げんき、1977年8月2日 - )は、日本男性キックボクサー京都府出身。DTS GYM(旧DEION GYM)所属。

来歴[編集]

2000年1月28日、プロデビュー。

2000年4月27日、全日本フェザー級3Rトーナメント準決勝で前田尚紀と対戦し、判定勝ちを収めた。同年6月18日の決勝で嵐田茂と対戦予定であったが、負傷により欠場となった。

2003年9月27日、全日本フェザー級挑戦者決定戦で石川直生と対戦し、ローキックで3ダウンを奪いKO勝ち。タイトル挑戦権を獲得した。

2003年12月7日、王者前田尚紀に挑戦し、右フックでKO勝ち。全日本フェザー級王者となった。

2004年3月、MAスーパーバンタム級王者のラビット関にKO勝ち。2004年8月、クリスト・ディミトラカキスに右フックでKO勝ち。

2004年9月25日、ルンピニー・スタジアムチャカポップ・シットジョームトライと対戦し、KO勝ち。8連勝(7連続KO勝ち)を記録した。

2004年12月5日、全日本フェザー級タイトルマッチで山本真弘と対戦し、5Rドロー。初防衛を果たすも、連勝記録は8で途切れた。

2005年3月、ジャナンサ・ムヤにKO勝ち。2005年5月、チンチャイ・マイムアンコーンに右フックで失神KO勝ち。

2005年7月26日、ゲーオ・フェアテックスと対戦し、判定負け。2001年7月以来の敗戦となった。

2005年10月、コムパヤック・フェアテックスに2度もダウンを奪うも肘で切り裂かれ逆転TKO負け。

2006年1月4日、全日本フェザー級タイトルマッチで山本真弘と対戦し、判定負け。王座から陥落した。

2006年3月、カノンスック・フェアテックスをボディフックでKO勝ち。

2006年6月11日、日本人キラーであるワンロップ・ウィラサクレックと対戦し、右眉尻をカットさせられるなどしたが、左右フック・右ストレート・ボディフック・ミドルキック・ローキックと攻撃を散らし的を絞らせず、5Rドロー。この試合は2006年最高試合賞を獲得した[1]

2007年8月、階級をフェザー級からスーパーフェザー級に転向。

2007年9月8日、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで行われたWBCムエタイ世界スーパーフェザー級タイトルマッチでゲーオ・フェアテックスと対戦し、判定負け。王座獲得に失敗した。

2008年4月26日、石川直生と対戦し、頭部カットによるTKO負けを喫した。試合後のインタビューで「年齢も考えると辞めてもいいのかな」と引退を示唆した[2]

2008年11月8日、K-1ルールの大会「Krush!」のメインイベントで桜井洋平と対戦。1Rに2回、2Rに1回ダウンを奪うと、3Rにもダウンを奪い右フックでKO勝ちを収めた。

2009年3月14日、K-1ルールの大会「Krush.2」で梶原龍児と対戦し、判定勝ちを収めた。

2009年8月14日、Krushライト級グランプリ2009に出場。1回戦で尾崎圭司、準々決勝で前田尚紀にそれぞれ判定勝ちを収め、ベスト4進出を決めた。11月2日、準決勝で山本真弘と対戦し、判定負け。

2010年5月9日、NJKFで羅紗陀と対戦し、3R終了間際にTKO負け[3]

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightカノンスック・ウィラサクレックと戦極ムエタイルールで対戦し、0-3の判定負けを喫した[4]

2011年7月18日、REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1で元RISEスーパーフェザー級王者板橋寛と対戦し延長Rの末0-5の判定負けを喫した。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
38 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
20 11 9 0 5 0
13 5 7 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 板橋寛 延長R終了 判定0-5 REBELS.8 & IT’S SHOWTIME JAPAN countdown-1
【IT’S SHOWTIME世界61kg級王座挑戦者選定試合】
2011年7月18日
× カノンスック・ウィラサクレック 5R終了 判定0-3 戦極 Soul of Fight 2010年12月30日
× 羅紗陀 3R 2:59 TKO(ドクターストップ:右眉カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零四」 2010年5月9日
× 山本真弘 3R+延長R終了 判定0-3 Krushライト級グランプリ2009 〜決勝戦 Final Round〜
【Krushライト級グランプリ2009 準決勝】
2009年11月2日
前田尚紀 3R終了 判定3-0 Krushライト級グランプリ2009 〜開幕戦 Round.2〜
【Krushライト級グランプリ2009 準々決勝】
2009年8月14日
尾崎圭司 3R終了 判定3-0 Krushライト級グランプリ2009 〜開幕戦 Round.2〜
【Krushライト級グランプリ2009 1回戦】
2009年8月14日
ジャウメーオ・プンパンムアン 5R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「野良犬電撃作戦2009」 2009年6月21日
梶原龍児 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Krush.2」 2009年3月14日
桜井洋平 3R 1:34 KO(右フック) 全日本キックボクシング連盟「Krush! 〜Kickboxing Destruction〜」 2008年11月8日
× ワンロップ・ウィラサクレック 2R 2:04 TKO(額カット) M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ
Legend of Elbows 2008 〜YOD MUAY〜
2008年8月10日
× 石川直生 3R 2:37 TKO(頭部カット) 全日本キックボクシング連盟「Spring Storm」 2008年4月26日
× ゲーオ・フェアテックス 5R終了 判定0-3 WORLD CHAMPIONSHIOP MUAYTHAI
【WBCムエタイ世界スーパーフェザー級タイトルマッチ】
2007年9月8日
セーンチャイ・ジラグリアングライ 5R終了 判定0-0 全日本キックボクシング連盟「REARM」 2007年5月11日
× グーピー・ウォー・スティラー 2R TKO(カット) スッグ・フェアテックス(ルンピニー・スタジアム) 2006年9月19日
ワンロップ・ウィラサクレック 5R終了 判定1-0 全日本キックボクシング連盟「Triumph」 2006年6月11日
カノンスック・フェアテックス 1R 2:44 KO(左ボディブロー) 全日本キックボクシング連盟
「SWORD FIGHT 2006 〜日本VSタイ・5対5マッチ〜」
2006年3月19日
× 山本真弘 5R終了 判定0-2 全日本キックボクシング連盟「New Year Kick Festival 2006」
【全日本フェザー級タイトルマッチ】
2006年1月4日
× コムパヤック・フェアテックス 3R 1:41 TKO(左眉尻カット) 全日本キックボクシング連盟
「SWORD FIGHT 〜日本 VS タイ・5対5マッチ〜」
2005年10月16日
× ゲーオ・フェアテックス 5R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟
「SUPER FIGHT 〜日本VS世界・5対5マッチ〜」
2005年7月26日
チンチャイ・マイムアンコーン 1R 3:02 KO(右フック) 全日本キックボクシング連盟「STRAIGHT」 2005年5月15日
ジョナサン・ムヤ 1R 1:52 KO(右フック) 全日本キックボクシング連盟「RUSH!」 2005年3月18日
山本真弘 5R終了 判定0-0 全日本キックボクシング連盟
「Fujiwara Festival 〜藤原祭り2004〜」
【全日本フェザー級タイトルマッチ】
2004年12月5日
チャカポップ・シットジョームトライ 3R 0:18 KO(パンチ連打) スック・フェーアテックス(ルンピニー・スタジアム) 2004年9月25日
クリスト・ディミトラカキス 1R 1:45 KO(右フック) 全日本キックボクシング連盟
「SUPER FIGHT -LIGHTNING-」
2004年8月22日
ラビット関 5R 1:06 KO(パンチ連打) 全日本キックボクシング連盟
「全日本ライト級最強決定トーナメント 1st. Stage」
2004年3月13日
前田尚紀 3R 0:47 KO(右フック) 全日本キックボクシング連盟
「Fujiwara Festival 〜藤原祭り〜」
【全日本フェザー級タイトルマッチ】
2003年12月7日
石川直生 2R 2:12 KO(3ダウン:ローキック) 全日本キックボクシング連盟「KNOCK DOWN」
【全日本フェザー級挑戦者決定戦】
2003年9月27日
阿部圭祐 2R 2:20 KO(パンチ連打) 全日本キックボクシング連盟「DEAD HEAT」 2003年6月20日
サトルヴァシコバ 1R終了時 TKO(左目尻カット) 全日本キックボクシング連盟「BACK FROM HELL-II」 2002年12月8日
村山良和 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「GOLDEN TRIGGER」 2002年9月6日
加門政志 3R終了 判定1-0 全日本キックボクシング連盟「LIGHT ON!」 2001年11月30日
× 石川直生 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟「BLAZE UP」 2001年7月22日
長谷川誠 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「JUST BRING IT!」 2001年5月17日
× 石川直生 不戦敗 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-X」 2000年11月29日
石川直生 3R終了 判定0-1 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-VIII」 2000年9月13日
前田尚紀 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-IV」
【全日本フェザー級3Rトーナメント 準決勝】
2000年4月27日
SHI-LOW 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「LEGEND-III」
【全日本フェザー級3Rトーナメント 準々決勝】
2000年3月16日
高山昌光 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「YOUNG GUN」
【全日本フェザー級3Rトーナメント 1回戦】
2000年1月28日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
前田尚紀
第21代AJKFフェザー級王者

2003年12月7日 - 2006年1月4日

次王者
山本真弘