山本健太 (地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 健太(やまもと けんた)は、日本地域経済学経済地理学研究者、國學院大學経済学部准教授。プラモデル製造業や[1][2]アニメーション作品の制作工程など[3]、都市型文化産業の集積構造に関する研究を主なテーマとしている[4]

経歴[編集]

2004年静岡大学教育学部学校教育教員養成課程を卒業して、東北大学大学院理学博士課程に進学[5]2009年、「東京、ソウル、上海におけるアニメーション産業の集積メカニズムに関する地理学的研究」により、東北大学から博士(理学)を取得[3]

2010年10月に九州国際大学経済学部特任助教となり、2011年4月より助教、2013年4月より准教授となった[4][5]2014年國學院大學経済学部准教授に転じた[4]

おもな著作[編集]

  • Yamamoto, Kenta: The Agglomeration of the Animation Industry in East Asia, 2014, Springer.[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「静岡におけるプラモデル産業の分業構造と集積メカニズム」、『経済地理学年報』第57巻第3号、経済地理学会、2011年9月30日、 203-220頁。 NAID 110008750100
  2. ^ 徳川幕府が築いた静岡のプラモデル産業の底力とは 経済学部准教授(専門分野:地域経済) 山本健太”. 國學院大學. 2014年9月15日閲覧。
  3. ^ a b 東京,ソウル,上海におけるアニメーション産業の集積メカニズムに関する地理学的研究 山本健太”. 国立国会図書館. 2014年9月15日閲覧。
  4. ^ a b c 山本健太”. 山本健太. 2014年9月15日閲覧。
  5. ^ a b 基本情報 山本健太 (PDF)”. 九州国際大学. 2014年9月15日閲覧。
  6. ^ Geography: The Agglomeration of the Animation Industry in East Asia”. Springer. 2014年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]