山本亮 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 亮
やまもと りょう
Yamamoto Ryou.jpg
生年月日 1894年12月14日
出生地 鳥取県西伯郡境町栄町
(現境港市
没年月日 (1973-02-18) 1973年2月18日(78歳没)
出身校 島根県立松江農林学校
(現島根県立松江農林高等学校
前職 醤油醸造
親族 父・山本熊吉(第3代境町長)

境町会議員
在任期間 1925年 -

第17代境町
在任期間 1941年9月 - 1946年11月
テンプレートを表示

山本 亮(やまもと りょう、明治27年(1894年12月14日 - 昭和48年(1973年2月18日)は、日本実業家漢詩人政治家。鳥取県西伯郡境町長(17代)、町会議員。大麓。鳥取県平民[1]

境町長、鳥取県議会議長等を歴任した山本熊吉の長男。

経歴[編集]

鳥取県西伯郡境町栄町(いまの境港市)出身。山本熊吉の長男[2]

松江農林学校を卒業後、家業(醤油醸造)を継いだ[2]境電気会社設立等、実業界で活躍した[2]

昭和20年(1945年)4月23日、軍用船玉栄丸爆発事故が発生[2]。山本町長は昼夜にわたる救援活動を指揮する一方で、に対して罹災者補償を請求、自ら現地調査に当たる等の尽力によってこの問題を解決した[3]

人物像[編集]

趣味[編集]

茶道琵琶漢詩趣味も多かった[2]

漢詩人として[編集]

村上松村本名龍)の「第二次鷗社」に参加[4]大正10年(1921年)には父碧湾に代わって「剪淞吟社(せんしょうぎんしゃ)」に加盟して活躍[4]

家族・親族[編集]

山本家[編集]

鳥取県西伯郡境町栄町(現境港市))
天保14年(1843年)11月生[5] - 没
山本熊吉
境町長、鳥取県議会議長等を歴任)
明治32年(1899年)の『帝國實業名鑑』に「境町 醤油醸造業 山本安九郎 所得納税 開業三代」とある[6]
慶応3年(1867年10月生 - 大正10年(1921年2月
明治24年(1891年)1月生[1] - 没
明治29年(1896年)9月生[5] - 没
  • 男・[5]
  • 二女・幾子[5]
  • 三女・節子[5]
  • 四女・仁枝[5]

親戚[編集]

参考文献[編集]

  • 『境港市史 上巻』(昭和61年 540-541頁)
  • 『境港市史 下巻』(昭和61年 296-297頁)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録. 7版』(大正10年)や一〇九
  2. ^ a b c d e 『境港市史 上巻』(昭和61年、540頁)
  3. ^ 『境港市史 上巻』(昭和61年、541頁)
  4. ^ a b 『境港市史 下巻』(昭和61年、297頁)
  5. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)ヤ一七三
  6. ^ 復刻版 帝國實業名鑑』(昭和58年、56頁)

外部リンク[編集]