山手治之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山手 治之
人物情報
生誕 (1928-04-15) 1928年4月15日(90歳)
日本の旗 日本広島県安佐郡深川村(現・広島市安佐北区)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学
同大学院法学研究科
学問
研究分野 国際法
国際経済法
EU
研究機関 立命館大学
京都学園大学
イギリスの旗 イギリスロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ
学位 国際法学者
称号 立命館大学名誉教授
主要な作品 『国際法論序説』(法律文化社、1962年)
学会 国際法学会
日本国際経済法学会
日本EU学会
世界法学会
脚注
1969年(昭和44年)〜1970年(昭和45年)立命館大学教学部長を務めた期に起きた大学紛争の解決に尽力した。
テンプレートを表示

山手 治之(やまて はるゆき、1928年4月15日- )は、日本国際法学者立命館大学名誉教授。専門分野は、国際法国際経済法EU法EC法[1]広島県広島市出身。

経歴[編集]

昭和3年(1928年)4月15日、広島県安佐郡深川村(現広島市安佐北区)で生まれる。昭和17年(1942年)4月に旧制崇徳中学校へ入学。途中、海軍兵学校へ入学するが(1945年4月-8月、海軍兵学校第78期)、終戦後復帰し、昭和21年(1946年)3月に卒業する。昭和21年(1946年)9月に旧制山口高等学校理科甲類に進学し、昭和24年(1949年)卒業する。昭和24年(1949年)4月に旧制京都大学法学部に進学、昭和27年(1952年)には旧制京都大学大学院法学研究科に進学し、昭和29年(1954年)修了。1952年から立命館大学法学部助手、以後専任講師助教授を経て、昭和41年(1966年)4月に立命館大学法学部教授に就任。大学では国際法を担当する。

昭和44年(1969年)4月から昭和45年(1970年)の期間に立命館大学教学部長を務め、当時の大学紛争の解決に当たる。昭和45年(1970年)9月から昭和47年(1972年)8月にかけて、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジに留学する。

昭和53年(1978年)4月から昭和55年(1980年)3月には、立命館大学法学部長・大学院法学研究科長を務め、昭和63年(1988年)4月に立命館大学国際関係学部に異動する。平成4年(1992年)4月から平成6年(1994年)3月まで立命館大学大学院国際関係研究科長を務め、同年に定年退官。立命館大学より名誉教授の称号を受ける。

平成6年(1994年)4月より京都学園大学法学部教授に就任。大学での担当は国際経済法である。平成7年(1995年)4月より平成9年(1997年)3月にかけて京都学園大学法学部長・大学院法学研究科長を務め、同年4月より京都学園大学法学部特任教授となる。平成14年(2002年)3月に京都学園大学を定年退官。

主な職歴[編集]

大学関係[編集]

  • 立命館大学法学部教授(1966年4月-1988年3月)
  • 立命館大学教学部長(1969年4月-1970年3月)
  • 立命館大学法学部長・同大学院法学研究科長(1978年4月-1980年3月)
  • 立命館大学国際関係学部教授(1988年4月-1994年3月)
  • 立命館大学大学院国際関係研究科長(1992年4月-1994年3月)
  • 京都学園大学法学部教授(1994年4月-1997年3月)
  • 京都学園大学法学部長・法学研究科長(1995年4月-1997年3月)
  • 京都学園大学法学部特任教授(1997年4月-2002年3月)

学会役職[編集]

  • 国際法学会理事(1976年-1996年)
  • 日本国際経済法学会理事(1991年-現在)
  • 日本国際経済法学会理事長(1994年-1997年)
  • 日本EU学会(旧EC学会)理事(1980年-1998年)
  • 日本EU学会(旧EC学会)理事長(1988年-1990年)

所属学会[編集]

  • 国際法学会
  • 日本国際経済法学会
  • 日本EU学会(旧EC学会)
  • 世界法学会

著作[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『あたらしい法学』(天野和夫・乾昭三等編有信堂、1964年)
  • 『国際法概説』(香西茂他著、有斐閣、1967年)
  • 『法学入門』(中川淳等編、東信堂、1969年)
  • 『海洋法の新秩序』(林久茂・香西茂等編、東信堂、1993年)
  • 『国際経済法』(丹宗暁信・小原喜雄等編、青林書院、1993年)
  • 『国際経済条約・法令集』(小原喜雄・小室程夫等編、東信堂、1997年)
  • 『ベーシック条約集』(香西茂・松井芳郎等編、東信堂、2003年)

訳書[編集]

  • 『軍備競争』(ノエル=ベーカー著・前芝確三等訳、岩波書店、1963年)
  • 『EC法入門』(P.S.R.F.マテイセン著、有斐閣、1982年)

典拠[編集]

  1. ^ 山手教授のホームページ(http://page.freett.com/haruyamate/)