山形治江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山形 治江(やまがた はるえ、1959年 - )は、日本のギリシャ悲劇研究者、翻訳家。日本大学教授。群馬県生まれ。1982年津田塾大学英文科卒業。ロータリー財団奨学生として英国ケント大学に留学。1991年早稲田大学大学院西洋演劇学科博士課程満期修了。ギリシャ政府給費留学。[1]2003年度湯浅芳子賞受賞。2011年度AICT演劇評論家協会賞受賞。日本大学生産工学部教授。[2]蜷川幸雄の上演テクストを翻訳している。

著書[編集]

  • ギリシャ悲劇 古代と現代のはざまで(朝日選書 1993年)
  • ギリシャ劇大全(論創社 2010年)

翻訳[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『ギリシャ劇大全』著者紹介