山形市立第二中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山形市立第二中学校
国公私立 公立学校
設置者 山形市の旗 山形市
設立年月日 1947年5月2日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
中学校コード 060005[1]
所在地 990-0853
山形県山形市西崎62番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

山形市立第二中学校(やまがたしりつ だいにちゅうがっこう、Yamagata Civic 2nd Junior High School)は、山形県山形市にある公立中学校。略称は「山二中」(やまにちゅう)、山形市内では「二中」とも呼ばれている。学制改革に伴い開校したため、市内の中学校では歴史が古い。ちなみに山形三中山形四中とは兄弟校である。

概要[編集]

山形市のナンバースクール2番目の学校。学区は、JR北山形駅西側から須川の東側までと広い学区をもつ。校章はが2羽向かい合った上り鳩である(以前は逆さ鳩であったが変更された)。生徒のほとんどは山形七小山形十小(一部)、山形西小宮浦小(一部)出身である。

学区[編集]

城西町・城北町・肴町・北山形・下条町・西田・江南一~三丁目・霞城公園・西崎・椹沢、西原

(山形市第七地区奥羽本線以西、第十地区城西町部、椹沢地区)

沿革[編集]

学校設備[編集]

  • 校舎
コの字型(体育館を含めるとヨの字型)になっている。南側が教室棟、西側が管理棟、北側が特別教室棟となっている。
  • 体育館
校舎とは1階・2階の渡り廊下でつながれている。市内の中学校の体育館では比較的大きく、バレーボールコート2つ分が十分張れる位の大きさがある。
  • 中庭
校舎とグラウンドの間の中庭に『五垂の泉』と呼ばれる小さな池がある。城西町旧校舎時代から引き継がれている。

生徒会機関[編集]

  • 執行部
  • 事務局
  • 常任委員会
  • 学級委員会
  • 生活委員会
  • 美化委員会
  • 図書委員会
  • 広報委員会
  • 学芸委員会
  • 保健委員会
  • 給食委員会
  • 非常任委員会
  • 選挙管理委員会
  • 推薦委員会
  • 応援団

部活動[編集]

  • 生徒は必ずいずれかの部に所属しなければならない
運動部
文化部
その他
  • 総合
総合部は、「生徒が小学校在籍時からある活動を継続しており、中学校入学後もそれを継続することを希望し、尚且つそれが通常の部活動に準ずる活動である」という場合に、その活動の継続の為に入部することが出来る部である。総合部の生徒は基本的に自身の活動は行うべき時に行い、放課後は自主学習をしたり校地周囲の農道を走ったりしている。
期間限定

伝統と変化[編集]

  • 長い間受け継がれてきた独特の応援がある。入学式直後の対面式では、在校生が新入生へ向け威勢の良い応援の声を張り上げる。
  • 特に応援に関しては、一部運動部に所属する生徒が、態と応援歌を1小節早めて歌うという変わった現象が見られる。
  • 五垂の泉は校歌と同様長年受け継がれてきたものである。
  • 男子は登校時に学帽を着用するという伝統があったが、生徒総会で着用の自由化が話し合われ可決、更に教職員会議でも可決された為、平成16年度2学期から「学帽着用の自由化」が認められた(厳密には着脱については選択が自由であるが、ほとんどの生徒は着用していない)。

出身有名人[編集]

所在地[編集]

〒990-0853
山形県山形市西崎62番地

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山形県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 教育開発出版株式会社. 2018年11月12日閲覧。