山形和行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山形和行(やまがた かずゆき、1948年 - )は、日本航空会社全日本空輸の元操縦士機長。ユニークな機内アナウンスをする山形機長として知られている。

来歴[編集]

1948年大阪府布施市(現・東大阪市)出身[1]

航空大学校を卒業し、1971年全日本空輸に入社。同年、副操縦士となる。1976年機長資格を取得。国内線を主に担当していた。1984年ごろからユニークな機内アナウンスをするようになる[2]。「本日も世界で最も安全な翼ANAをご利用いただきありがとうございます」、「天使いたずらで飛行機が揺れることもございますが、飛行の安全性にはまっっったく影響ございません」といった特徴的なアナウンスを行なっていた[3]1992年より、国際線を主に担当するようになった。2002年、再び国内線主体となる(近距離国際線にも従事)。2008年、60歳のこの年、航空身体検査附加試験に合格し、定年を延長する。

2008年ベスト・ファーザー in 関西を受賞(一般部門)[4]

2010年、全日空401便(神戸札幌行)で飛行時間20,000時間を達成。2013年、ラストフライトとなる全日空30便(伊丹羽田行)をもって、全日空を退職。総飛行時間21,323時間。無事故ダイバートもなかった[5]

全日空退社後は、【夢 実現】未来工房の代表に就任し、全国各地で講演活動を行なっている。他にも、(株)エグゼ 旅サロン・ユウの顧問、一般社団法人日本生活文化推進協議会の委員なども務める[6]

著書[編集]

操縦資格[編集]

出典:"名物機長"のホスピタリティ

逸話・その他[編集]

  • その特徴的なユニークな機内アナウンスは、不快に思う乗客(仕事で疲れているビジネスマンや身内に不幸のあった人など)もいるが、多くの乗客には概ね好評でファンレターなどを多くもらっている[7]
  • 機長経験者としては珍しい複数[8]ファンクラブの存在する機長である[9]

出典[編集]

  1. ^ "名物機長"のホスピタリティ
  2. ^ "名物機長"のホスピタリティ P55
  3. ^ ANA 山形機長 機内アナウンス集
  4. ^ [1]
  5. ^ "名物機長"のホスピタリティ
  6. ^ "名物機長"のホスピタリティ
  7. ^ "名物機長"のホスピタリティ
  8. ^ "名物機長"のホスピタリティ
  9. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]