この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

山形しあわせ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山形しあわせ銀行のデータ
統一金融機関コード 0507
SWIFTコード SHIAJPJT
代表者氏名 澤井誠介(頭取)
店舗数 62
(2006年12月15日現在)
(ブランチインブランチ6店舗を除く)
設立日 1941年1月
(両羽無尽株式会社)
所在地
〒990-8611
山形市旅篭町3丁目2番3号
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
旧山形しあわせ銀行本店
(現・きらやか銀行本店)

株式会社山形しあわせ銀行(やまがたしあわせぎんこう、英称Yamagata Shiawase Bank, Ltd.)は2007年5月まで存在し、山形県山形市に本店を置いていた第二地方銀行。略称は、しあわせぎん

概要

同行のシンボルマークは、前身行である山形相互銀行時代の1986年に制定され、は「挑戦」・は「信頼」・は「繁栄」を表していた。

きらやかホールディングス傘下となった殖産銀行と合併し、現在はきらやか銀行となっている。

かつて、同行行員が横領事件を起こした際に、一部報道で「しあわせ銀、顧客はふしあわせ」と揶揄されたことがある。

沿革

  • 1941年(昭和16年) - 両羽無尽株式会社設立。
  • 1951年(昭和26年) - 株式会社山形相互銀行に商号を変更。
  • 1962年(昭和37年)12月 - 秋田支店を現在の秋田市大町四丁目に開設(1990年9月に、同市保戸野千代田町に移転)。
  • 1989年(平成元年) - 普通銀行へ転換、株式会社山形しあわせ銀行に商号を変更。
  • 2001年(平成13年) - ISO14001認証取得。
  • 2005年(平成17年) - きらやかホールディングスの完全子会社化。
  • 2007年(平成19年) - 殖産銀行に吸収合併され法人解散、殖産銀行がきらやか銀行となった[1]

歴代頭取

情報処理システム

荘内銀行と共にオンラインによるシステムの開発と運用を目的にエスワイコンピューターサービス(SYC)を設立し、委託方式で、オンラインシステムを稼働させていたが、荘銀は2006年のゴールデンウィーク明けからNTTデータ地銀共同センターに移行したため[2]、単独利用に移行した。

他行との提携

山形県内の山形銀行殖産銀行とATM相互無料提携した「ふるさと山形ネットサービス」(こちらは相互入金可能)や、南東北地方(東北地方南部)の第二地方銀行殖産銀行仙台銀行福島銀行大東銀行)とATM相互無料提携した「東北おむすび隊」(出金のみ)を行っていた。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “東北財務局長談話「株式会社殖産銀行と株式会社山形しあわせ銀行の合併認可書の交付について」”. 東北財務局. (2007年4月24日). http://tohoku.mof.go.jp/b2_kinyu/01_kinyukankei/19_kirayaka.html 2014年2月4日閲覧。 
  2. ^ “荘内銀行が共同システムを“乗り換え”、NTTデータの地銀共同センターに参加”. 日経コンピュータ. (2003年9月12日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20030912/134735/ 2014年2月4日閲覧。