山崎達璽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「山﨑達璽」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

山崎 達璽(やまざき たつじ、1974年9月18日 - )は、日本映画監督日本映画監督協会会員。アイリンク所属。

略歴[編集]

愛知県名古屋市出身。名古屋市立名東高等学校日本大学藝術学部映画学科監督コース卒業。日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻(修士課程)修了。

幼い頃から特撮・怪獣映画に興味を示し、小学生の頃から8mmフィルムを回し始める。大学在学中は歌舞伎などの古典芸能に深く傾倒する。監督作品『夢二人形』(1998年)が、日本人最年少で第52回カンヌ国際映画祭(1999年)に正式出品され、その後、イギリス・イタリア・韓国などで上映される。同作を中核とする「大正ロマン三部作」は国際的に高い評価を受けた。 その後はJazztronik野崎良太などのミュージック・ビデオにも活動の場を広げる。2008年、長編時代劇『宮城野』(矢代静一原作、毬谷友子片岡愛之助主演)を完成。

三島由紀夫研究会会員。市川春猿後援会『梓春会』会員。大の中日ドラゴンズファンでもある。

主な監督作品[編集]

  • 夢現坐乱事-ゆめうつついすのみだれごと-(1997年)
  • 夢二人形(1998年)
  • 三面夢姿繪-みつおもてゆめのすがたえ-(2000年)
  • 宮城野(2008年)
  • 宮城野<ディレクターズカット版>(2008年)

外部リンク[編集]