山崎賢太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「山﨑賢太」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
山﨑 賢太
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1978-05-27) 1978年5月27日(39歳)
身長
体重
187 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山﨑 賢太(やまざき けんた、1978年5月27日 - )は、元プロ野球選手投手)、タレント広島県広島市出身。

略歴[編集]

広陵高等学校から島根商科専門学校を経て、2000年のドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。

ルーキーイヤーの2001年は1軍登板なし。2002年は2軍でプロ初勝利をあげるなど26試合に登板するも、1軍登板なしに終わる。

2003年、2軍の対大阪近鉄バファローズ戦で髙塚信幸への危険球を巡り乱闘事件に発展、近鉄のコーチ・古久保健二を殴り退場処分となる。同年オフに、1軍登板がないまま戦力外通告を受ける。

その後、入団テストと12球団合同トライアウトを受けたが合格せず、現役引退。以後、タレントとして活動。

人物[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 1軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 63(2001年 - 2003年)

スポーツマンNo.1決定戦[編集]

  • プロ引退後、『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』の第13回芸能人サバイバルバトルに参戦。SPIN OFFでは初挑戦にして種目別No.1を獲得し、TAIL IMPOSSIBLE 6位の活躍を見せるも、QUICK MUSCLEが失格に終わったことが響き総合10位で脱落。
  • 第14回大会においては、SPIN OFF準優勝、MONSTER BOXでは自己記録を3段更新する15段、POWER FORCE 2回戦進出、TAIL IMPOSSIBLE 5位の活躍を見せ、ファイナリストとして最終種目に進出し、11m70cmの記録を残し総合6位入賞を果たす。
  • 最後の出場となった第15回大会においては、MONSTER BOXでは自己記録を更新する16段を記録するも、SPIN OFF 1回戦で知幸と当たり敗退、QUICK MUSCLEでもあまり記録が伸びず総合7位で脱落。
芸能人サバイバルバトル
大会 放送日 総合順位
第13回大会 2004年4月5日 10位
第14回大会 2005年4月8日 6位
第15回大会 2005年9月28日 7位

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

インターネット[編集]