山崎誠助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山崎誠助
誕生 1912年4月13日
山形県鶴岡市
死没 2015年7月
職業 劇作家
国籍 日本
主な受賞歴 高山樗牛賞
鶴岡市芸術祭賞
地域文化功労者賞
齋藤茂吉文化賞
鶴岡市特別文化功績賞
公式サイト 劇団「麦の会」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

山崎 誠助(やまさき せいすけ、1912年9月23日-2015年7月29日)は、日本劇作家教育者劇団「麦の会」主宰。(元)小学校校長致道博物館顧問。鶴岡市芸術文化協会会長。栄典称号勲五等瑞宝章鶴岡市名誉市民

人物[編集]

生まれつき病弱な体だった為、小学校を中途退学し十数年に及ぶ闘病生活の中、独学で教員検定に合格。教員免許を取得し1934年8月、泉尋常高等小学校准訓導心得となる。その後38年間にわたって小学校の教員を続け、そのかたわら1947年、劇団「麦の会」の前身となるNHK鶴岡放送劇団、NHK鶴岡放送児童劇団を主宰し舞台劇・劇作家活動に取り組み、1964年6月には、両劇団を一本化して劇団「麦の会」を創設する。これまでに手掛けた作品は実に1500以上に及んだ。1968年4月には、山形県藤島町立藤島小学校校長に就任し、これを最後に教職を定年退職する。その後は、舞台劇・劇作家活動も続けながら、鶴岡市社会教育委員長を始めとして、鶴岡市文化会館運営委員会委員長、鶴岡市こども像策定審議会会長、鶴岡市表彰審査委員会委員長、鶴岡市芸術文化協会会長など、数々の機関の要職を歴任した。また、舞台劇・劇作家活動の功績によって数多くの文化賞(高山樗牛賞、山形県教育功労賞、鶴岡市芸術祭賞、地域文化功労者賞、斎藤茂吉文化賞、鶴岡市特別文化功績賞など)も受賞している。

1995年11月には、勲五等瑞宝章を叙勲。2007年3月18日には、鶴岡市名誉市民となった。趣味写真ビデオ撮影で、20数年に及ぶビデオ撮影歴の集大成が、「四季の旅人」と題して2002年7月に、サンナコよりリリースされた。

略歴[編集]

  • 1912年4月13日、山形県西田川郡斎村大字遠賀原(現・鶴岡市千石町)に、山崎剛次郎(旧庄内藩士・書家)の3男4女の末子として生れる。
  • 1920年インフルエンザが原因で結核に侵され、以後10年くらい生死の境を彷徨う。
  • 1934年8月、泉尋常高等小学校准訓導心得
  • 1937年3月、渡前尋常高等小学校訓導
  • 1945年3月、鶴岡市朝暘第一国民学校訓導
  • 結婚する。
  • 1947年、NHK鶴岡放送劇団、NHK鶴岡放送児童劇団を主宰する。
  • 1956年6月、田川教育出張所指導主事となる。
  • 1962年4月、山形県三川村立押切小学校(現・三川町立押切小学校)の校長に就任
  • 1964年6月、劇団「麦の会」を結成する。
  • 1968年4月、山形県藤島町立藤島小学校の校長に就任
  • 1970年11月、高山樗牛賞受賞
  • 1971年11月、山形県教育功労賞(演劇文化)受賞
  • 1980年7月、鶴岡市社会教育委員長に就任
  • 1981年4月、鶴岡市文化会館運営委員会委員長に就任
    • 12月、鶴岡市芸術祭賞受賞
  • 1985年8月、鶴岡市こども像策定審議会会長に就任
  • 1988年7月、鶴岡市表彰審査委員会委員長に就任
  • 1989年11月、地域文化功労者賞を受賞する。
    • 11月、第35回齋藤茂吉文化賞(芸術部門演劇)受賞
  • 1991年10月、鶴岡市政功労者賞受賞
  • 1995年11月、勲五等瑞宝章を叙勲される。
    • 劇団「麦の会」が、第33回山形県民芸術祭大賞受賞
  • 1996年、鶴岡市芸術文化協会会長に就任
  • 1997年10月、鶴岡市特別文化功績賞受賞
    • 10月、山形大学同窓会特別文化功労表彰受賞
  • 2002年4月、映画「たそがれ清兵衛」の方言指導をする。
    • 7月、VHSビデオ「四季の旅人」がサンナコよりリリースされる。
  • 2004年、映画「隠し剣鬼の爪」の方言指導をする。
    • 3月、鶴岡アートフォーラム運営協議会会長に就任
    • 4月24日、『故酒井忠明氏を偲ぶ会』にて『酒井忠明氏を偲んで』と題して語る。
    • 8月26日ペットの愛犬ハナが亡くなる。
  • 2007年3月18日、鶴岡市名誉市民推載
  • 2008年2月18日、劇団「麦の会」が、第45回山形県民芸術祭大賞受賞
  • 2009年、『鶴岡市民大学講座』(鶴岡市中央公民館)にて『方言の豊かな表現力』~愛・敬・美~をテーマとして小坂深和(YTS山形テレビアナウンサー)と共に講師を務める。
  • 2010年5月23日、『山崎誠助先生「未来を語る会」白寿を祝う』(東京第一ホテル鶴岡・鳳凰の間)にて記念講演を行う。
  • 2012年4月、鶴岡市芸術文化協会会長を退任。後任は東山昭子

受賞歴[編集]

  • 1970年(昭和45年)11月 - 高山樗牛賞         
  • 1971年(昭和46年)11月 - 山形県教育功労賞
  • 1981年(昭和56年)12月 - 鶴岡市芸術祭賞
  • 1989年(平成元年)11月 - 地域文化功労者賞
  • 1989年(平成元年)11月 - 斎藤茂吉文化賞
  • 1991年(平成3年)10月 - 鶴岡市政功労者賞
  • 1995年(平成7年)11月 - 勲五等瑞宝章叙勲
  • 1995年(平成7年)11月 - 第33回山形県民芸術祭大賞(劇団「麦の会」)
  • 1997年(平成9年)10月 - 鶴岡市特別文化功績賞
  • 1997年(平成9年)10月 - 山形大学同窓会特別文化功労表彰
  • 2007年(平成19年)3月 - 鶴岡市名誉市民顕彰
  • 2008年(平成20年)2月 - 第45回山形県民芸術祭大賞(劇団「麦の会」)
  • 2012年(平成24年)4月 - 鶴岡市芸術祭特別功労賞

出版物[編集]

著書[編集]

  • 1951年(昭和26年) - 「だれでもすぐできる児童演劇集」 五峰堂
  • 1951年(昭和26年) - 「青空 だれにでも出来るよい子の演劇集」 五峰堂
  • 1977年(昭和52年) - 「鶴岡の昔話」 絵:今井繁三郎 東北出版企画
  • 1980年(昭和55年) - 「昔のやまがたうわさ話」 絵:斎藤満子 東北出版企画
  • 1998年(平成10年) - 「くさの花」
  • 1999年(平成11年) - 「野火燃える」
  • 2000年(平成12年) - 「草の十字架」
  • 2001年(平成13年) - 「うぐいす」
  • 2002年(平成14年) - 「おにばばとさば売り」 絵:百瀬明日香
  • 2002年(平成14年) - 「わが郷土鶴岡」 郷土読本をつくる会
  • 2006年(平成18年) - 「遥かなる道程を - 山崎誠助著作集 - 」 山崎誠助著作集刊行会
  • 2007年(平成19年) - 「鳥刺しの話 - 語り遺したい郷土の歴史 - 」 聞き手:犬塚幹士 鶴岡市教育委員会
  • 2007年(平成19年) - 「私の歩いて来た道」

VHS[編集]

  • 2002年(平成14年)8月 - 「四季の旅人」 BGM:山崎一樹 サンナコ

監修[編集]

  • 「庄内の伝統工芸 第1巻 絵ろうそく」
  • 「庄内の伝統工芸 第2巻 竹塗」
  • 「庄内の伝統工芸 第3巻 庄内杓子」
  • 「庄内の伝統工芸 第4巻 黒柿細工」
  • 「庄内の伝統工芸 第5巻 ばんどり」
  • 「庄内の伝統工芸 第6巻 下駄」
  • 「庄内の伝統工芸 第7巻 刃物鍛冶」
  • 「庄内の伝統工芸 第8巻 ちょうちん」
  • 「庄内の伝統工芸 第9巻 おろこぎ」
  • 「庄内の伝統工芸 第10巻 鵜渡川原人形」
  • 「庄内の伝統工芸 第11巻 シナ織」
  • 「庄内の伝統工芸 第12巻 磯草塗」
  • 「庄内の伝統工芸 第13巻 大宝寺焼」
  • 「庄内の伝統工芸 第14巻 庄内竿」
  • 「庄内の伝統工芸 第15巻 庄内竿(改訂版)」

親族[編集]

友人[編集]

参考資料[編集]

  • 2002年(平成14年) - 「わが郷土鶴岡」郷土読本をつくる会
  • 2002年(平成14年) - 「四季の旅人」BGM:山崎一樹 サンナコ
  • 2006年(平成18年) - 「遥かなる道程を - 山崎誠助著作集 - 」山崎誠助著作集刊行会