山崎朝雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 朝雲(やまざき ちょううん、1867年3月22日慶応3年2月17日) - 1954年昭和29年)6月4日)は、彫刻家筑前国博多櫛田前町(現・福岡県福岡市博多区冷泉町)生まれ。本名は春吉。別号は羯摩。代表作に「大葉子」。弟子に佐藤玄々橋本朝秀上田直次入江爲義など。

経歴[編集]

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横x高さcm) 所有者 年代 落款 備考
賀茂競馬置物 銅・鋳造 1体 42.0x76.0x50.0 三の丸尚蔵館 1914年(大正13年) 同年の昭和天皇ご結婚奉祝品として三井高棟より献上[2]
白馬節会置物 木彫 1体 28.0x55.4x41.5 三の丸尚蔵館 1914年(大正13年) 同年の昭和天皇ご結婚に際し、香淳皇后から昭和天皇に贈られた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2378号、昭和9年12月4日。
  2. ^ a b 宮内庁三の丸尚蔵館編集 『駒競べ─馬の晴れ姿 三の丸尚蔵館展覧会図録No.73』 宮内庁、2016年7月9日、pp.48,50。

参考文献[編集]

  • 山崎朝雲 美術日報社 1939(昭和美術百家選)
  • 『山崎朝雲資料集』 田鍋隆男、福岡市美術館 福岡市美術館協会 1987