山崎和樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山崎 和樹(やまざき かずき、1957年 - )は、日本染色工芸家 、染色研究家、草木染め研究家。群馬県高崎市生まれ。東北芸術工科大学准教授[1]明治大学農学部修士課程修了。信州大学工学系研究科博士後期課程修了。学術博士。

1982年、父である山崎青樹(群馬県重要無形文化財指定者)[2]のもとで草木染の研究を始める。

1985年、神奈川県川崎市に草木染研究所柿生工房(草木工房)を開設し、草木染の研究、作品制作、講習会を行う。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 山崎和樹 『はじめての草木染―麻を染める (Hobby Days)』 美術出版社、1995年ISBN 4568390028
  • 山崎和樹 『草木染ー四季の自然を染めるー』 山と溪谷社、1997年ISBN 4-635-58024-5
  • 山崎和樹 『やさしい草木染―自然の色を楽しむ (NHK趣味悠々)』 日本放送出版協会、2003年ISBN 4141883689
  • 山崎和樹 『草木染の絵本 (つくってあそぼう)』 農山漁村文化協会、2006年ISBN 4540052055
  • 山崎和樹 『藍染の絵本 (つくってあそぼう)』 農山漁村文化協会、2008年ISBN 4540072781
  • 草木工房講師紹介”. 2016年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]