山岸紀郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山岸 紀郎(やまぎし のりお、1943年2月11日[1] - 2011年7月15日)は、日本の元バレーボール審判員日本バレーボール協会専務理事、初代Vリーグ機構代表理事(会長)。

人物[編集]

日本体育大学出身。日本人として初めて国際バレーボール連盟FIVB公認レフリーとなり、1986年の世界選手権の男子決勝の主審を務めたほか、1988年と1992年のオリンピックでも国際審判団の一員として参加した。

一方日本国内では、1995年4月より日本バレーボール協会の理事、専務理事や日本バレーボールリーグ機構の代表理事(会長)などを歴任した。また日本におけるビーチバレー生みの親とも言われ[2]、1996年のアトランタオリンピックではビーチバレー日本男子代表監督を務めた[3]

また、立教新座高等学校教諭としてバレーボールの指導も行っていた。その為、立教大学体育会バレーボール部OB会の特別会員でもあった[4]

2011年7月15日、胆管がんのために死去[5]。68歳没。

著書[編集]

  • 『詳解 6人制バレーボールのルール―ルールの解説と審判法』 山岸、河村俊彦、佐々木宏共著 監修:砂田孝士 発行:大修館書店 1990年7月10日発行 ISBN 4-469-26185-8
  • 『詳解 9人制バレーボールのルール―ルールの解説と審判法』 山岸、志村栄一共著 発行:大修館書店 1990年7月10日発行 ISBN 4-469-26186-6

脚注[編集]

  1. ^ Vリーグ機構. “第5期 事業報告”. 2013年8月1日閲覧。
  2. ^ 『ビーチバレースタイル』 2011年7月 vol.1 48ページ
  3. ^ 毎日新聞 2011年7月16日朝刊14版 20面
  4. ^ 訃報:山岸紀郎 Facebook - 立教大学体育会を応援します
  5. ^ 山岸紀郎・元日本バレーボール協会専務理事が死去 日本経済新聞 2011年7月16日閲覧

参考文献[編集]