山岸秀匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山岸 秀匡(やまぎし ひでただ、 1973年6月30日 - )は、北海道帯広市出身のボディビルダー

2017年現在、現役男子日本人選手では唯一のIFBBプロ・ボディービルダーである。

経歴[編集]

  • 北海道札幌旭丘高等学校で、ラグビーの補強運動としてウェイトトレーニングを始めたのがきっかけでボディビルを始める。
  • 早稲田大学入学後、2年次に早稲田大学バーベルクラブに入部。その学生離れしたバルク(筋量)が当時からボディビル関係者からの注目を集め、第30回・第31回の全日本学生ボディビル選手権で2連覇を果たす(第23回・第24回の須江正尋以来の快挙)。
  • 卒業後、健康体力研究所に入社。(後に契約アスリートとなるが2006年9月に解消)、社会人コンテストでも上位入賞を続ける。
  • 2003年にIFBBのプロ資格を取得し、2005年のIFBBアイアンマン・プロ・インヴィテイショナルにてプロ・デビュー。
  • 2006年六国建設グループと新たに単独プロ契約。その強力サポートにより、一気に実力が開花。IFBB2006スペイングランプリ12位、ルーマニアグランプリ6位、オランダグランプリ4位と躍進を見せる。
  • 2007年にはアーノルド・シュワルツェネッガーが主催する大会、『アーノルド・クラシック』に招待選手として出場。さらにIFBBサクラメント大会において3位入賞の快挙を達成し、ボディビル界の最高峰である『ミスター・オリンピア』の出場権をも手に入れた。ミスター・オリンピア出場権獲得は日本人初となる偉業であり、YAMAGISHIの名を世界に知らしめる結果になった。
  • 2007年12月にロサンゼルス空港で薬物所持で逮捕[1]保釈金18万ドル。
  • 2007年12月20日、六国建設グループ・アールケイエス企画からプロ契約を解除される。
  • 2008年1月に釈放され日本に帰国。
  • 2016年、IFBBアーノルド・クラシックで日本人初の優勝。

主な戦歴

  • 1998年 ジャパン・オープン選手権(ミドル級)優勝
  • 1999年 IFBBミスター・アジア(ライト・ミドル級)4
  • 2000年 男子日本ボディビル選手権(ミスター日本)3
  • 2000年 IFBBミスター・ユニバース(ウェルター級)6
  • 2001年 IFBBミスター・アジア80kg以下級(ライト・ミドル級)優勝
  • 2001年 男子日本ボディビル選手権 2
  • 2002年 男子日本ボディビル選手権 3
  • 2002年 IFBBミスター・ユニバース(ウェルター級)10
  • 2006年 IFBBサンフランシスコ・プロ・インヴィテイショナル 11位(プロ転向後初の入賞)
  • 2006年 IFBBスペイン・サンタスザンナ・プロ 出場
  • 2006年 IFBBオーストリアメンズプロ・グランプリ 12
  • 2006年 IFBBルーマニア・グランプリ 6位 (10位内入賞)
  • 2006年 IFBBオランダ・グランプリ 4位 (4位入賞)
  • 2007年 IFBBアイアンマン・プロ 7
  • 2007年 Atlantic City Pro 9
  • 2007年 IFBBサンフランシスコ・サクラメント・プロ 3位入賞(世界大会で上位3位入りを果たす)
(この結果によりミスター・オリンピアの出場権を日本人として初の獲得者となる。※アジア人としては、インドのプレム・チャンドが既に出場したことがある)
  • 2007年 アーノルドクラシック大会に招待選手として出場(これも日本人としては初)
  • 2007年 IFBBオーストラリア・プロ 5位入賞
  • 2007年 IFBBミスター・オリンピア 13
  • 2008年 Atlantic City Pro 8
  • 2009年 Atlantic City Pro 2
  • 2009年 IFBBミスター・オリンピア 9
  • 2010年 EUROPA SHOW OF CHAMPIONS - ORLAND 優勝(プロ転向後初の優勝)
  • 2010年 IFBBミスター・オリンピア 10
  • 2011年 IFBBミスター・オリンピア 10
  • 2012年 IFBBミスター・オリンピア 15
  • 2013年 IFBBアーノルドクラシック 5
  • 2014年 IFBBタンパプロ212 優勝
  • 2014年 IFBBミスター・オリンピア212 4
  • 2015年 IFBBミスター・オリンピア212 3
  • 2016年 IFBBアーノルドクラシック212 優勝
  • 2017年 IFBBアーノルドクラシック212 6
  • 2018年 IFBBアーノルドクラシック 10位、IFBBアーノルドクラシックオーストラリア 5

出演作品[編集]

番組[編集]

番組コーナーの血液のサラサラ・チェック(疑似科学)において世間で噂されているトップ・ビルダーの「血液ドロドロぶり」を裏付けている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]