山岡事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山岡事件(やまおかじけん)とは、1965年に発生した競馬法違反事件で、中央競馬史上最大と言われる不正事件(八百長)の通称である。名称については、事件の中心人物であった山岡忞に由来する。

八百長が仕組まれたとされる競走のひとつ「たちばな賞」で、のちの天皇賞カブトシローが勝利していることから、競馬関係の出版物などにおけるカブトシローに関する記事や随筆では、馬をめぐるエピソードのひとつとして大なり小なり触れられることが多い事件である。

事件の概要[編集]

1965年夏、日立建設機械[1]で発生した巨額横領事件に絡んだ恐喝事件で逮捕された暴力団構成員が、その取り調べの中で中央競馬騎手を抱き込んで八百長行為を仕組んでいたという自白を行った。

これを受けて警視庁及び日本中央競馬会が調査に乗り出し、9月には中央競馬の騎手山岡忞の他、暴力団員など2名が贈賄罪の容疑で、騎手の中沢一男および高橋勇が同じく収賄罪の容疑で逮捕された。さらに後日、騎手の関口薫も八百長に関与していた事が発覚、山岡ら4名の騎手はその後起訴され有罪となり、また、いずれも競馬法の規則により競馬関与禁止処分[2]が下され、競馬界から事実上の永久追放とされた。

山岡らの供述によると、八百長(不正敗退行為)は1965年3月6日東京競馬第8競走・たちばな賞と、同年4月10日の第3競走のサラブレッド障害で行われたとされる。

被疑者たちの供述から捜査の手はさらに南関東公営競馬にも波及し、大井競馬場では千葉藤男阿久津稔の騎手2名が同様の不正敗退行為を行ったとして逮捕された。

事件の影響[編集]

この事件が社会に及ぼした影響は極めて大きく、競馬公正確保を巡って国会では日本中央競馬会理事長石坂弘参考人招致しての質疑が行われる事態となり、その後もしばらくの間は特にギャンブルを嫌い「公営ギャンブル廃止論」を声高に叫ぶ事を選挙の集票手段とする事も多かった社会党などの左派野党からの追及や競馬自体への攻撃は凄まじいものがあった。また、山岡が過去には天皇賞有馬記念を勝利したことのある一流の騎手であったことが中央競馬の関係者に大きな衝撃を与えた。

山岡事件の後、競馬界では厩舎区画への出入りの制限の強化、出走予定の人馬の保護(騎乗予定騎手の調整ルーム入室による外部との接触の制限等)、競馬関係者の予想行為の禁止[3]等、様々な規制が明文化される事となった。また、中央競馬における現在の様なトレーニングセンター方式での人馬の管理の方向を決定付ける一因になったとも言われている。

たちばな賞における八百長疑惑[編集]

概要[編集]

山岡らの供述によると、カブトシローに騎乗した山岡は暴力団員と手を組み、レース前に本命馬であるサンキュウプリンスに騎乗した中沢を饗応し、サンキュウプリンスを不正に敗退させる様に指示した[4]。レースでは山岡の騎乗するカブトシローが勝利し、中沢のサンキュウプリンスは終始後方のまま5着に敗退した。

八百長否定説[編集]

なお、たちばな賞が八百長であったことに異を唱えた者も数多く存在する。同レースのパトロールフィルムを見た大川慶次郎虫明亜呂無寺山修司は「どこが八百長なのか分からない[5]」と発言した。

また、三木晴男渡辺敬一郎は、サンキュウプリンスが実際には本命馬ではなく4番人気であり、八百長によって故意に敗退させるとすれば1番人気であった競走馬が対象となったはずであるとして八百長に懐疑的な見解を述べている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の日立建機の前身。
  2. ^ 騎手免許や中央競馬会所属の身分を剥奪されるのはもちろん、一般人として競馬場場外馬券売場等の競馬関連施設に入場することや勝馬投票券を購入することも全面禁止となる。これは中央競馬・地方競馬の区別なく適用される。
  3. ^ これ以前には、調教師が競馬専門紙上で予想印を打ったり、翌週の出走馬について座談会形式で予想を行っていた。また調教師会が作成し、競馬互助会が発行していた『勝馬の栞』という著名な調教師が予想印を打った出馬表が競馬場内限定で発売されており、専門紙より安価でかつ調教師の予想という事で人気があったが、この事件を機に発売中止となった。また『競馬中継』(関西テレビ放送)など一部のテレビ中継では、調教師がレギュラー解説者を務めていた。
  4. ^ この際に中沢は現金と背広を贈られたものの八百長を渋り出した為に監禁され暴行も加えられたとも言われている。
  5. ^ 馬の意思にも左右される競馬は八百長が難しいとされている。

参考文献・出典[編集]