山国荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山国荘(やまぐにのしょう)は丹波国桑田郡にあった禁裏領である。

地理[編集]

京都市右京区北部の山間部にある盆地で地区内を上桂川国道477号線が貫いており周山町よりも上流の一帯である。

概要[編集]

平安京造営に際し造営用木材の供給地になり、後に修理職山国として始まった[1]。以降は修理職が山林と、私領として官給された田畑を管理することで発展する。また鎮守神社として山国神社が造営されている。

中世以降の同荘は鳥居中江比賀江大野井戸の各村で構成される本郷と、小塩上黒田黒田宮下黒田の各村で構成される枝郷とでなっていた[2]南北朝時代、井戸に北朝持明院統)・光厳天皇常照皇寺を開山し隠棲の後崩御している。

戦国時代に入り代官が天皇に直属化したことにより禁裏領へとなる[3]一方で戦乱により朝廷警護を荘民が行う事態が起きようになる[4]。この時代朝廷財政は窮乏し山国荘からの材木といった貢納物は貴重な収入であったが[4]これも近隣武将の宇津氏進出により妨害される[5]。朝廷は他の武将に山国荘の直務支配回復を命ずるが完全にはできず妨害が続く。

織田信長の命により織田家家臣・明智光秀が丹波攻略を行い宇津頼重が追討された結果、朝廷による山国荘の直務支配が回復する。このとき朝廷から光秀に恩賞と、信長に御礼の勅使が遣わされている[4]。その後江戸時代に入ると幕領となり朝廷による支配は解体される[2]

解体後から現在まで[編集]

徳川綱吉により本郷の鳥居・塔・井戸の大部分と枝郷の小塩・上黒田・黒田宮・下黒田が禁裏領に復している[2]。以後明治まで禁裏領と旗本知行地などが地区内に混在する。幕末期に平安時代以来の禁裏との関係と地区全体の禁裏領復古の願いから本郷の村人が山国隊を結成し鳥取藩に属して戊辰戦争で転戦した。 しかし明治維新後は町村制により一般の自治体となり本郷と小塩が山国村に、小塩以外の枝郷が黒田村となる。 戦後に近隣町村と共に合併し京北町となり現在は更なる合併で京都市の一部となっており、山国神社や常照皇寺、郷内の村名も町名として残っている。

年表[編集]

  • 10世紀後半 – 木材の供給地として修理職領になる
  • 1362年(正平17年) – 常照皇寺開山。光厳天皇が隠棲する
  • 1364年(正平19年) – 光厳天皇崩御。陵は常照皇寺内の山国陵
  • 1471年(文明3年) – 後花園天皇が崩御。陵は常照皇寺内の後山國陵
  • 1480年(文明12年) – 代官人事により禁裏領へとなる
  • 1535年(天分4年) – 宇津氏が山国荘に違乱を働く。以降宇津氏の影響が続く
  • 1561年(永禄4年) – 朝廷が三好長慶内藤宗勝に対し直務支配回復を命ずる[5]
  • 1569年(永禄12年) – 織田信長が宇津氏に違乱停止を求める[5]
  • 1579年(天正7年) – 明智光秀の丹波攻略により宇津氏を追討[5]
  • 1603年(慶長8年) – 幕領となる

脚注[編集]

  1. ^ 野田只夫編『丹波国山国荘史料』史籍刊行会、1958年 21〜23頁。
  2. ^ a b c 坂田聡編『禁裏領山国荘』高志書院、2009年 5〜7頁。
  3. ^ 坂田聡編『禁裏領山国荘』高志書院、2009年、21〜42頁。
  4. ^ a b c 京北町誌編纂委員会『京北町誌』京北町、1975年、80〜90ヘ頁。
  5. ^ a b c d 坂田聡編『禁裏領山国荘』高志書院、2009年、448〜467頁。
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 坂田聡(編) 『禁裏領山国荘』 高志書院、2009年 ISBN 9784862150660
  • 京北町誌編纂委員会 『京北町誌』 京北町、1975年
  • 野田只夫(編) 『丹波国山国荘史料』 史籍刊行会、1958年

関連項目[編集]