山名駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山名駅
山名駅
山名駅
やまな
YAMANA
(0.9km) 西山名
所在地 群馬県高崎市山名町1515-3
所属事業者 上信電鉄
所属路線 上信線
キロ程 6.1km(高崎起点)
駅構造 地上駅
ホーム 島式1面2線
乗車人員
-統計年度-
126人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1897年(明治30年)5月5日
テンプレートを表示
ホーム(2008年10月)

山名駅(やまなえき)は、群馬県高崎市山名町にある上信電鉄上信線。委託駅であり、日中は駅員がいるが、日曜日および隔週土曜日は駅員不在となる。自動券売機は設置されておらず発売される切符は全て硬券である。

駅構造[編集]

  • 島式ホーム1面2線の地上駅。
  • トイレは、古い水洗式であったが2014年に建て替えられた。
  • 駅舎に隣接して山名変電所が存在する。
  • 駐輪場の山名八幡宮寄りには、昭和天皇の行幸を記念した迎光碑が建立されている。

のりば[編集]

駅舎側から

上信線 高崎方面
上信線 下仁田方面

利用状況[編集]

「高崎市統計季報」によれば、2016年度の1日平均の乗車人員 は126人であった。なお、同統計によると、2003~2016年度の乗車人員は以下のようである。

年度 1日平均
乗車人員
2003年 220
2004年 208
2005年 176
2006年 166
2007年 150
2008年 149
2009年 145
2010年 148
2011年 139
2012年 137
2013年 134
2014年 129
2015年 125
2016年 126

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1897年(明治30年)5月5日 - 開業。
  • 1934年(昭和9年) - 陸軍特別大演習において、決戦の地に山名駅周辺が選定されたことから、昭和天皇が乗降した[1]

駅名の由来ともなった山名町は、室町時代に西国で栄えた山名氏発祥の地である。山名駅は山名一門を祭った、山名八幡宮の門前駅としての一面も持つ。

隣の駅[編集]

上信電鉄
上信線
高崎商科大学前駅 - 山名駅 - 西山名駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『上信電鉄百年史』

関連項目[編集]