山口麻美 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山口麻美 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマグチ マミ
ラテン文字 YAMAGUCHI Mami
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-08-13) 1986年8月13日(31歳)
出身地 東京都西東京市
身長 165cm
体重 55kg
選手情報
ポジション FWMF
ユース
0000-1998 日本 FC明成、小平FCイレブン
1999-2001 日本 日テレ・メニーナ
2005-2007 アメリカ合衆国 フロリダ州立大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 日本 日テレ・ベレーザ 25 (14)
2008-2009 スウェーデン ウメオIK 36 (4)
2010 アメリカ合衆国 アトランタ・ビート 21 (1)
2010 日本 日テレ・ベレーザ 6 (3)
2011 スウェーデン ハンマルビーIF 12 (0)
2012-2013 日本 岡山湯郷Belle 11 (1)
2014 日本 日テレ・ベレーザ 12 (1)
代表歴2
2007-2011 日本の旗 日本 18 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月24日現在。
2. 2011年3月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山口 麻美(やまぐち まみ、1986年8月13日 - )は、東京都西東京市出身の元女子サッカー選手。元サッカー日本女子代表。ポジションはフォワードおよびミッドフィールダー。2007年に日本人初となる「ハーマン・トロフィー」(米大学年間最優秀選手)を受賞した。

経歴[編集]

ユース〜日テレ・ベレーザ時代[編集]

兄がやっていた影響で4歳ころからサッカーを始め[1]、FC明成・KSC(小平)、小平FCイレブンを経て1999年、高校1年生のときに日テレ・メニーナに入団。東京都立豊多摩高等学校に進学した2002年から日テレ・ベレーザに昇格した。2シーズン目の2003年に18試合9得点の成績を残し、翌シーズン前半にも出場機会を得た。

フロリダ州立大学時代[編集]

2005年にベレーザを退団してフロリダ州立大学に留学、同大学の女子サッカー部に所属した[2]

2007年にバンコクで開催されたユニバーシアードに出場する日本代表に選出され[3]、同大会に出場したが9位の成績に終わった[4]。同年7月には、北京オリンピックアジア最終予選に向けた日本代表のアメリカ遠征メンバーに初招集され[5]7月28日アメリカ戦で代表デビューを果たした。

2007年度のアトランティック・コースト・カンファレンスの女子サッカーリーグで24得点18アシストを記録し、米大学の年間最優秀選手に贈られる「ハーマン・トロフィー英語版」を、日本人史上初、またフロリダ州立大学女子サッカー部の選手として初めて受賞した[6]。2016年、同大学女子サッカー部初となる背番号の永久欠番が発表された[7]

ウメオIK時代[編集]

2008年に大学に籍を置いたままスウェーデンへ渡り、ダームアルスヴェンスカン所属のウメオIKに入団し[8]、リーグ戦や女子スウェーデンカップUEFA女子カップなどに出場した。在籍中、2度のリーグ優勝とUEFA女子カップ決勝戦進出を経験した。

アトランタ・ビート時代[編集]

2009年10月に行われたWPSの国際ドラフトでアトランタ・ビートより指名を受け、翌2010年1月付で、ウメオIKのチームメートであるラモナ・バッハマンヨハンナ・ラスムセンと共に同クラブと契約した事が発表された[9]。アトランタでは21試合に出場し、うち6月23日開催のフィラデルフィア・インディペンデンス戦で1得点を挙げた[10]。WPSでのシーズンが終了した9月24日、日テレに期限付き移籍[11]、翌日の第13節から最終節までの6試合に出場し3得点を挙げた。

ハンマルビーIF時代[編集]

2010年12月、ダームアルスヴェンスカン所属のハンマルビーIF英語版に移籍し[12]、1年間プレーしたが、この期間に右膝に大怪我を負った[13]。2011年12月に契約満了し退団[14]

日本サッカー界復帰[編集]

その後はスウェーデンダムアルスヴェンカンのマルモまたは古巣ウメオが獲得を図ったが[15]、2012年2月6日、岡山湯郷ベルのホームページに新入団選手として紹介され、日本サッカー界への復帰が決まった[16]

2013年シーズンをもって湯郷ベルを退団。

2014年6月、日テレ・ベレーザに加入した。同年12月、第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会で日テレ・ベレーザの5年ぶり11回目の同大会優勝に貢献した[17]

2015年2月、ベレーザを退団[18]

現役引退後[編集]

2015年3月、NWSLのウェスタン・ニューヨーク・フラッシュのプレシーズンに招待選手として参加した[19]

2016年、フロリダ州立大学を卒業した[20]

成績[編集]

出場記録[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2002 日テレ・ベレーザ L・リーグ 0 0 -
2003 20 18 9 - 4 2 22 11
2004 18 L・リーグ1部 (L1) 7 5 -
スウェーデン リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2008 (sv) ウメオIK 100 ダームアルスヴェンスカン -
2009 (sv) 11 22 4 -
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2010 アトランタ・ビート 9 WPS 21 1 - - 21 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 日テレ・ベレーザ 25 なでしこ 6 3 - 0 0 6 3
スウェーデン リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011 (sv) ハンマルビーIF 99 ダームアルスヴェンスカン 12 0 - 1 1 13 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2012 岡山湯郷Belle 14 なでしこ 8 1 0 0 2 3 10 4
2013 3 0 6 0 2 0 11 0
2014 日テレ・ベレーザ 30 12 1 - 2 0 14 1
通算 日本 1部 54 19 6 0
アメリカ WPS 21 1 - - 21 1
スウェーデン ダームアルスヴェンスカン -
総通算 6 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA - -
2008-09(en) ウメオIK
通算 UEFA

獲得タイトル[編集]

個人タイトル[編集]

  • ハーマン・トロフィー(米大学最優秀選手):2007年

チーム[編集]

代表歴等[編集]

試合数[編集]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 1 0
2009 1 1
2010 14 5
2011 2 2
通算 18 8

(2011年3月9日現在)

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2009年8月1日 フランスの旗 モンタルジ フランスの旗 フランス ○ 4-0 親善試合
2. 2010年1月13日 チリの旗 コキンボ デンマークの旗 デンマーク ○ 1-0 コパ・ビセンテナリオ2010スペイン語版
3. 2010年1月23日 チリの旗 コキンボ アルゼンチンの旗 アルゼンチン ○ 3-0 コパ・ビセンテナリオ2010スペイン語版
4. 2010年2月13日 日本の旗 調布 大韓民国の旗 韓国 ○ 2-1 東アジアサッカー選手権2010
5. 2010年5月20日 中華人民共和国の旗 成都 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 8-0 2010 AFC女子アジアカップ
6.
7. 2011年3月4日 ポルトガルの旗 アルガルヴェ フィンランドの旗 フィンランド ○ 5-0 アルガルヴェ・カップ2011
8.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【アーカイブ】なでしこジャパン・山口麻美選手インタビューなでしこジャパン公式サイト.2010.2.13付、2018年1月11日閲覧。
  2. ^ フロリダ州立大学山口麻美インタビューGLED Sports.2018年1月11日閲覧。
  3. ^ ユニバーシアードバンコク大会 日本代表選手団名簿 (PDF) JOC公式サイト 2010.1.11 05:16 (UTC) 閲覧
  4. ^ Universiade 2007 Football women competition summary (PDF) (英語)国際大学スポーツ連盟公式サイト 2010.1.11 05:30 (UTC) 閲覧
  5. ^ 20歳の山口麻美を初招集 サッカー女子代表 47NEWS(アーカイブ). 2007.7.19付、2018年1月11日閲覧。
  6. ^ 米大学年間MVPに山口麻美スポニチアネックス.2008.1.13付、2018年1月11日閲覧。
  7. ^ https://www.facebook.com/FSUSoccer/videos/1146379112105983/
  8. ^ なでしこ秘密兵器“女バルサ”移籍スポニチアネックス.2008.3.26付、2018年1月11日閲覧。
  9. ^ Atlanta Beat signs third international(英語)アトランタ・ビート公式サイト 2010.1.7付ニュースリリース
  10. ^ Boxscore Atlanta Beat vs. Philadelphia Independence(英語)アトランタ・ビート公式サイト 2011.9.21 00:09 (UTC) 閲覧
  11. ^ 山口麻美選手期限付き移籍加入のお知らせ 日テレ・ベレーザ公式サイト 2010.9.24付ニュースリリース
  12. ^ Gylfi Sigurdsson, Mami Yamaguchi goes to Sweden(英語)wsoccernews.com 2010.12.22付、2018年1月11日閲覧。
  13. ^ 第9回 選手のセカンドキャリア(前編)eJapion.com.2017.2.24付、2018年1月11日閲覧。
  14. ^ 日本サッカー協会 2011年度第9回理事会議事 (PDF) 2012.1.12付
  15. ^ Sweden: Japanese Mami Yamaguchi to LDB Malmö or Umeå ?WSOCCERNEWS.COM.2-12.1.15付、2018年1月11日閲覧。
  16. ^ 岡山湯郷 アジア大会代表MFの山口獲得スポニチアネックス.2012.2.6付、2018年1月11日閲覧。
  17. ^ 第36回皇后杯決勝…5年ぶりの女王奪還! 日テレ・ベレーザが1-0で勝利!!サッカーキング.2015.1.1付、2018年1月11日閲覧。
  18. ^ 日テレ・ベレーザ山口麻美選手退団のお知らせ日テレ・ベレーザ 2015年2月1日付、2018年1月11日閲覧。
  19. ^ 元なでしこジャパン、山口麻美がアメリカ女子チームのプレシーズンに帯同FOOTBALL CHANNEL.2015.3.10付、2018年1月11日閲覧。
  20. ^ 元なでしこジャパン 山口麻美氏を迎えて講演会 Japan News Club.2017.4.11付、2018年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Mami Yamaguch - スウェーデンサッカー協会公式サイト