山口重克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 重克
マルクス経済学宇野経済学
生誕 (1932-07-27) 1932年7月27日(84歳)
影響を
受けた人物
カール・マルクス宇野弘蔵
テンプレートを表示

山口 重克(やまぐち しげかつ、1932年7月27日 - )は、日本の経済学者マルクス経済学研究者東京大学名誉教授

日本の代表的なマルクス経済学者である宇野弘蔵に師事し、宇野経済学の原理論と呼ばれる領域のうち,難問の一つとされた商業資本論と呼ばれる分野をはじめ貨幣論,金融論などの分野に独創的な論考が数多くある。同時代の研究者として、降旗節雄大内秀明鎌倉孝夫桜井毅のほか岩田弘等がいる。

略歴[編集]

福井県武生市出身。東京大学経済学部卒業、1962年東京大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。1968年経済学博士(東京大学)。電気通信大学助手新潟大学助教授法政大学経済学部教授東京大学経済学部教授を経て国士舘大学経済学部教授2002年まで勤めた。

著書[編集]

関連項目[編集]