山口重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
山口 重信
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正18年(1590年
死没 慶長20年5月6日1615年6月2日
別名 熊丸、長次郎
主君 徳川秀忠
尾張国尾張藩
氏族 山口氏
父母 父:山口重政、母:小坂雄吉の娘
兄弟 弘隆重恒
石川康通の娘(あるいは石川忠義の娘)

山口 重信(やまぐち しげのぶ、天正18年(1590年) - 慶長20年5月6日1615年6月2日))は江戸時代の武将。山口重政の長男。母は小坂雄吉の娘。正室は石川康通の娘(あるいは石川忠義の娘)で大久保忠隣の養女。幼名は熊丸、長次郎。

尾張国清洲で誕生。慶長2年(1597年)に徳川秀忠に謁見する。慶長14年(1609年)12月27日、従五位下、伊豆守に叙任。その後、大久保忠隣の養女を正室に迎えたが、その縁談が正式な幕府の許可を受けていないものとされたため、慶長18年(1613年)1月6日に父・重政は改易され、父と共に武蔵国入間郡越生庄の龍穏寺に蟄居させられた。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に伴い戦功を立てようと父と共に大坂に向かうが、箱根の関所で止められたため一旦龍穏寺に帰った。そして、関所の通過が容易な商人に扮装し、東山道経由で大坂に赴くが、既に和議が成立していたため再び龍穏寺に帰った。

そして翌年の大坂夏の陣では井伊直孝の軍に属して奮戦するが、八尾・若江の戦い木村重成に討ち取られて戦死。享年26。法名は傑山宗英大雄院。

関連項目[編集]

出典[編集]