山口裕之 (ヴァイオリニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山口裕之
生誕 (1953-11-05) 1953年11月5日(64歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴァイオリン
共同作業者 NHK交響楽団

山口 裕之(やまぐち ひろゆき、1953年11月5日 - )は、東京都出身の、日本ヴァイオリニストである。

人物・来歴[編集]

大学時代まで[編集]

ヴァイオリンを鷲見三郎に師事する。1967年、中学2年生の時、第21回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部で第2位を受賞した。1969年、桐朋女子高等学校音楽科に入学、その年、高校1年生で第23回全日本学生音楽コンクール全国大会で第1位を受賞した。1972年、桐朋学園大学音楽学部に進み、1975年、第44回日本音楽コンクールで1位なしの2位に入賞、大学在学中に東京フィルハーモニー交響楽団に研究員として入団した。

大学卒業後[編集]

1976年、同大学音楽学部を卒業し、東京フィルのコンサートマスターに就任した。1979年、同楽団を退団し、NHK交響楽団に入団、1984年6月、NHK交響楽団のコンサートマスターに就任した。以降長きにわたりN響の第1コンサートマスターを務めていたが2013年11月付で同団を定年退団した。

室内楽[編集]

1977年、民音コンクール室内楽の部で1位なしの第2位を受賞した。1983年、ゼフィルス弦楽四重奏団を結成し、1988年から3年間、カザルスホールの専属四重奏団だった。1992年10月に設立された鎌倉芸術館ゾリステンに参加。

教職[編集]

永年にわたって続いたオーケストラ活動を2013年11月の定年を以てすべて引退。以降、後進の指導に専念している。1988年~2010年、21年間携わった東京藝術大学非常勤講師をはじめ、桐朋学園大学非常勤講師(1984~)、尚美学園大学客員教授(2006~)、東京音楽大学客員教授(2011~)、洗足学園音楽大学アンサンブルアカデミー客員教授(2012~)等を兼任している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]