山口秀景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 秀景(やまぐち ひでかげ[1])は、戦国時代武将

山城国国人[1]宇治田原城[2]仮名は甚介[3]受領名は玄蕃[4]。他に長政とも[4]。子に山口宗永、女(山口光広室)。婿養子に山口光広[2]。織田信長に仕えた[5]

出典[編集]

参考資料[編集]

  • 寛政重脩諸家譜 第三輯』國民圖書、1923年2月20日。
  • 寛永諸家系図伝』7、斎木一馬、林亮勝八木書店、1984年11月1日。ISBN 978-4797102420
  • 谷口克広、岡田正人『織田信長軍団100人の武将』新人物往来社〈新人物文庫〉、2009年6月5日。ISBN 978-4404037114
  • 谷口克広『織田信長家臣人名辞典』吉川弘文館、2010年10月1日。ISBN 978-4642014571
  • 谷口克広『<織田信長と戦国時代>元亀騒乱を乗り切れ! 織田信長と七人の宿将』学研プラス、2014年10月9日。ISBN 978-4059139614