山口小喜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまぐち こきみ
山口小喜美
別名義 山口公女
出身地 徳島県
国籍 日本
職業 祇園甲部芸妓
テンプレートを表示

山口 小喜美(やまぐち こきみ)は、徳島県出身の祇園甲部芸妓。

人物・来歴[編集]

洋服店を営む両親の元に育ち、幼少のころから着物に対する憧れが強く、中学校卒業と同時に祇園甲部の置屋に入り、舞妓になる。舞踊、鳴物など習い、お座敷に勤め、20歳で襟替えし芸妓になる。彼女は阪神タイガースのファンで着物に虎をあしらうなど熱狂的である。近年、「山口公女」(やまぐち きみじょ)の名義(下記、参照)で自伝を発表して話題になった。

出典[編集]