山口将吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山口 将吉郎(やまぐち しょうきちろう、1896年(明治29年)3月30日 - 1972年(昭和47年)9月12日)は、山形県鶴岡市出身の日本画家挿絵画家。

人物[編集]

高校時代は、美術講師の小貫博堂に指導を受け、大学時代は、結城素明に師事した。

大学卒業後は、絵画展覧会に作品を出品したり、同人誌などで挿絵を発表する。

その後は、主に小説本などの挿絵を描き、その中でも『神州天馬侠吉川英治(著)の挿絵は有名。

従甥に奇人南画家として知られる服部二柳がいる。

略歴[編集]

著作物[編集]

挿絵[編集]

画集[編集]

  • 1975年(昭和50年) - 『山口将吉郎画集』 講談社
  • 1984年(昭和59年) - 『山口将吉郎名画集 : 躍動する騎馬武者の世界』 講談社 ISBN 4-06-201654-0

共著画集[編集]

親族[編集]

参考資料[編集]

  • 『庄内人名辞典』 大瀬欽哉(代表編者) 致道博物館内「庄内人名辞典刊行会」(発行)
  • 『庄内文化芸術名鑑』 長南寿一(著) 1982年