山口宗季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口宗季筆『神猫図』(沖縄県指定有形文化財、那覇市歴史博物館所蔵)

山口 宗季(やまぐち そうき、康熙11年11月3日1672年12月21日) - 乾隆8年2月2日1743年2月25日))は、琉球王国画家は子敬、は雲谷、後名は保房。唐名呉 師虔(ご しけん)。

概略[編集]

19歳で王府の絵師になる。31歳のとき福州に留学し、福州第一の絵師といわれた孫億順梁亨鄭大観に師事した。

帰国後は絵師主取となって薩摩藩主への進上品や御後絵(国王の肖像画)などを製作したほか、清より朱肉の製法を伝え、初めて国内での製造に当たった。72歳で没した。作品に『四季翎毛花卉図』などがある[1][2]

弟子に殷元良らがいる。

主な作品[編集]

以下の作品は沖縄県の有形文化財に指定されている(那覇市の所有で、那覇市歴史博物館所蔵)。

『沖縄文化の遺宝』所載の作品[編集]

鎌倉芳太郎『沖縄文化の遺宝 写真編』(岩波書店)には、呉師虔の名義の絵画の写真が掲載されている。

  • 『四季翎毛花卉図鑑』(p. 252 - 253)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典
  3. ^ X 国・県・市町村指定文化財 - 沖縄県教育庁文化財課『文化財課要覧(平成27年度版)』(PDF)

外部リンク[編集]