山口大口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口大口費から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

山口 大口(やまぐち の おおぐち、生没年未詳)は、飛鳥時代の仏師。氏は漢山口(あやのやまぐち)とも記される。。山口都黄の子とする系図がある。

出自[編集]

山口氏(山口直)は後漢霊帝の後裔である東漢氏の一族にあたる漢系渡来氏族。都賀直の四世孫にあたる都黄直の子孫とされる[1]

経歴[編集]

孝徳朝白雉元年(650年を受けて千仏像を製作した[2]。作品に法隆寺金堂の広目天像があり、一説では百済観音の作者ともされる。

脚注[編集]

  1. ^ 新撰姓氏録』右京諸蕃
  2. ^ 『日本書紀』白雉元年条

参考文献[編集]