山口一臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山口一臣(やまぐち かずおみ、1961年1月1日 - )は日本ジャーナリスト兼編集者。メディア企業経営者。元週刊朝日編集長。東京都出身。

来歴・人物[編集]

東京都文京区生まれ、板橋区育ち早稲田大学高等学院から早稲田大学第一文学部へ。哲学科人文専攻卒業後、ゴルフダイジェスト社勤務を経て1989年朝日新聞社入社

朝日ジャーナル編集部で田中康夫氏や本田勝一氏を担当。入社3年目に同誌の休刊により週刊朝日編集部へ。2001年、9.11テロ取材でニューヨークとパキスタンに特派される。約3か月滞在。帰国後、副編集長(デスク)になるも、翌年、部下の書いた記事の不手際で管理責任を問われ、朝日新聞本社広報部へ異動。新聞社のクレーム対応最前線で、企業の危機管理について徹底的に学ばされる。その後出版に復帰し週刊百科編集部の統括編集次長として数々のパートワークスの創刊を指揮する。

2005年、再び週刊朝日副編集長(筆頭)に。同年11月、第41第編集長就任。赤字だった同誌を2年で黒字化。以後、3年連続の増収増益を達成する。2011年3月まで約5年半務め、歴代週刊朝日編集長としては扇谷正造氏らにつづく戦後3番目の長期政権となった。

2008年、朝日新聞社の出版部門分社化プロジェクトチームのメンバーとして新会社(朝日新聞出版)立ち上げに参画。設立後、同社へ出向。

2011年4月から朝日新聞出版マーケティング(販売)部長として営業部門を統括。編集部と販売部の協力強化で2年目に予算達成し、会社全体として設立以来初の予算達成にも貢献する。2013年、出版への出向を終え、朝日新聞本社へ戻る。

東京本社では、朝日ホール総支配人としてホール事業を統括。その後、フォーラム事務局員として国際シンポジウム「朝日地球会議」の立ち上げに携わる。

2016年11月末、選択定年により朝日新聞社を退社。同年12月株式会社POWER NEWSを起業し、代表取締役に。

公職・その他[編集]

・公益社団法人自由報道協会 理事

・早稲田大学高等学院同窓会 理事

・宣伝会議「編集者ライター養成講座」講師 など

受賞歴[編集]

・編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞 スクープ賞(2006年)

・編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞 大賞(2008年)

著書[編集]

・『東電原発おっかけマップ』(鹿砦社、2011/8)共著

・『権力とメディアの共犯関係を問う「小沢事件」の真実』(日本文芸社、2013/8)共著

メディアへの出演歴等[編集]

【過去のテレビ&ラジオへのレギュラー出演歴】

・文化放送「吉田たかよしのプラス」 レギュラーコメンテーター

・テレビ朝日「スーパーモーニング」 ニュースナビゲーター(レギュラー)

・文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」 大竹紳士交遊録火曜日レギュラー

・朝日ニュースター「南海キャンディーズ山ちゃんのジャーナルしちゃうぞ!」 構成・出演

・朝日ニュースター「闘え! 山里ジャーナル」 構成・出演

・KBCラジオ「武内裕之のThat's On Time」 月曜日レギュラーコメンテーター

・日本BS放送「本格報道 In Side Out」 水曜日メインキャスター(MC)

・東京メトロポリタンテレビジョン「淳と隆の週刊リテラシー」

【主な連載】

・朝日アスパラクラブ「山口一臣のダメダメ編集長日記」 (~2011年3月まで)

・朝日新聞デジタル「山口一臣 読み比べ週刊誌」 (~2013年11月まで)

・さくらファイナンシャルニュース 専属コラムニスト (~2014年11月まで)

・朝日新聞デジタル「今日からランナー」(現在連載中!) 

【インターネットメディア関連】

・島メディアネットワーク主任研究員(島桂次氏の死亡によって終了)

・「The Journal」 専属コラムニスト(サイト閉鎖によって終了)

・さくらファイナンシャルニュース 専属コラムニスト (サイトの経営交代で終了)

・ネット新聞「デイリー・ノーボーダー」の立ち上げに参画し、初代編集長

・NOBORDER「ニューズ・オプエド」レギュラー・キャスター

・NOBORDER「上杉隆のザ・リテラシー」レギュラー・キャスター

Yahoo!ニュース個人 オーサー

デモクラTV「本会議」司会

・朝日新聞社「WEBRONZA」執筆者(ときどき)

ビジネスインサイダージャパン 執筆者(ときどき)

外部リンク[編集]

山口一臣 (@kazu1961omi) - Twitter

山口一臣 - Facebook