山刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山刀(やまかたな/やまがたな、さんとう)とは、主に山林での作業に用いられる刃物の総称である。山人刀(やまびとがたな、さんじんとう、)と呼ばれることもある。

沖縄県には「山刀」と書いて“ヤマナジ”と読む独自の刃物が存在する(後述#琉球における山刀を参照)。

概要[編集]

山林や山間部において、樹木の刈り払いや樹皮もしくは果実の採取、または狩猟の際の止めさしや解体などの幅広い用途(場合によっては屋外での調理作業)に用いられる刃物を指す言葉で、形状や用途などに明確な定義があるものではないため、「山刀」といった場合にどのようなものを指すかは、この語が用いられる状況・文脈によって異なるが、三省堂の「大辞林」では

さん とう -たう【山刀】
やまがたな。
やま がたな【山刀】
山仕事をする人の用いる鉈(なた)のような形の刃物。
(『大辞林』第三版 より)

と定義している[1]

平凡社世界大百科事典には

やまがたな【山刀】
おもに焼畑などの山林伐採や狩猟の際の獲物の皮はぎなどに用いる刀。これを動物との格闘刺突に使用するのは危急の場合に限られる。
一般に小型で片刃のものが多く、野鍛冶(のかじ)に打たせたもの、または昔の脇指を切り縮めたものなどがある。
地方により名を異にし、九州山地ではヤマカラシ、四国西部でサッカン、中国山地でホウチョウ、青森県津軽地方でコバヤリ、秋田県阿仁でマキリ(これはアイヌ語と同じ)など各地ごとにちがっている。
(『世界大百科事典』第2版 より)

と記載されている[2]

また、海外で同様の用途に用いられる刃物や、様の刀剣類に対する和訳語として宛てられることもある。

「山刀」と呼ばれることのある刃物[編集]

琉球における山刀[編集]

沖縄本島には「山刀」と書いて「ヤマナジ(やまなじ)」と読む刃物が存在しており[4]、これは刃先が大きく上に反った包丁の一種で、割りから調理までの幅広い用途に使われる汎用刃物である。琉球古武術にはこのヤマナジを用いた剣術も存在している[5]

また、琉球諸島には、同じく「山刀」と書いて「ヤマカタナ(ヤマガタナ)(やまかたな(やまがたな)」と読む、緩く尖った切っ先を持つ先広の鉈がある[6]

「山刀」の訳語が用いられることのある海外刀剣[編集]

参考文献・参照元[編集]

書籍
Webサイト

脚注・出典[編集]

  1. ^ Weblio 辞書 【山刀】
  2. ^ コトバンク 「山刀 サントウ」
  3. ^ 民俗学及び日本の刀剣史研究の視点からは実在について疑問視する考察もある。
  4. ^ 琉球・那覇方言データベース「ヤマナジ」
  5. ^ 本部流 - Motobu-ryū ->本部御殿手の武器術 山刀(小刀)
  6. ^ カニマン鍛冶工房日記 2011年12月25日「ヤマカタナ(山刀)づくり」
    (※URLがスパムフィルターにブロックされるためURLは省略します。サイトタイトルで検索して下さい)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]