山内豊健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 豊健(やまうち とよたけ、1903年明治36年)8月16日 - 1946年(昭和21年)1月10日)は、大正昭和初期の武道家、京都山内派長谷川英信流居合術の第18代宗家、陸軍少尉、従四位子爵山内容堂の孫[1]。戦前の名剣士の一人。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

明治36年(1903年8月16日、子爵・山内豊尹の二男として、東京市三河台町に生れる[1]

幼少期は高知に居住し、海南中学校(現・小津高校)に学ぶ[1]剣道書道を得意とし、居合は幕末に祖父・山内容堂が修めた無双直伝英信流を、第17代宗家・大江正路より指導を受け、免許皆伝を受ける。

襲爵[編集]

大正5年(1916年)、兄・山内豊陽の隠居に伴い、東京へ居を移し子爵を襲爵[1]

師範として[編集]

大正9年(1920年)、大日本忠孝館道場において柳生神影流第10代宗家・久保義八郎より『阿州柳生神影流兵法剣術』の免許皆伝を受け、また大日本武徳会より剣道錬士の称号を授与さる[1]

京都に居を移し、武道専門学校において剣道および居合を指導。また善通寺師団、東京の明武館、埼玉の正明中学校でも剣道居合を教えた。書は三楽書道会、龍崎書道会などに属す[1]

昭和10年(1935年)、北海道出身の片石アサ子と婚姻[1]

昭和13年(1938年)、谷田佐一と共に『図解居合詳説』を著す。

昭和16年(1941年)、大東亜戦争に際し応召出征。善通寺騎兵連隊に配属さる。陸軍少尉。

昭和20年(1945年8月15日玉音を拝し終戦。引揚船の中でチフスに罹患。

昭和21年(1946年1月10日、岐阜川崎病院にてチフスにより病歿。享年44歳。

墓は高知県高知市・筆山にある[1]

家族[編集]

門下[編集]

京都山内派の居合の伝系としては、第17代宗家・大江正路、第18代・山内豊健、第19代・河野兼光、第20代・尾上政美、第21代・関口高明などが知られている。

弟子[編集]

  • 河野兼光
  • 三谷義里
  • 井下經廣
  • 宇野又二

孫弟子[編集]

  • 山越正樹
  • 木村幸比古(豊剣会会長)
  • 加茂治作

著書[編集]

補註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『高知県人名事典』高知新聞社編、平成11年版
  2. ^ 渡辺汀『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  3. ^ 白井新太郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

参考文献[編集]