山伏峠 (山梨県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山伏峠(やまぶしとうげ)は、山梨県南都留郡山中湖村と同道志村の境界に存在する、海抜1100mの。道志村側には多くのキャンプ場が存在する。

概要[編集]

国道413号に存在する峠。峠には山伏トンネルがある。

休日にはバイクツーリングロードレーサーなど自転車競技をする者などのトレーニングにも使われる。平日は残土処理のダンプカーが多く通行する。

道志側[編集]

道志みちは神奈川県相模原市橋本から始まる。青野原をすぎ、両国橋にて道志村に入る。キャンプ場が多く存在する。大室山からの湧き水などもある。ハイカーやバイク、キャンプ場への自動車などの往来が激しい。

道志村役場を過ぎると道の駅どうしがあり、クレソンの販売やレストランなどがある。

また温泉などもあり、ハイカーなどに利用される。

山中湖側[編集]

そもそも山中湖標高が高いので、峠との標高差はあまり無い。道も道志側に比べて距離は短い。大学のセミナーハウスや個人の別荘が多く点在している。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度27分8.7秒 東経138度55分52秒 / 北緯35.452417度 東経138.93111度 / 35.452417; 138.93111