山中直明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山中 直明
(やまなか なおあき)
生誕 1958年
日本の旗 日本 宮城県
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 計算機科学
研究機関 日本電信電話武蔵野研究開発センタ
慶應義塾大学
出身校 慶應義塾大学
主な受賞歴 電子情報通信学会フェロー(2009年)
プロジェクト:人物伝

山中 直明(やまなか なおあき、1958年 - )は、日本計算機科学者宮城県出身。慶應義塾大学情報工学科教授。Photonic Internet Lab.代表。慶應義塾大学大学院工学研究科計測工学専攻修士課程修了。工学博士

経歴[編集]

  • 1977年 神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業
  • 1981年 慶應義塾大学工学部計測工学科卒業[1]
  • 1983年 慶應義塾大学大学院工学研究科計測工学専攻修士課程修了[1]
  • 同年 日本電信電話公社入社、武蔵野通研にて研究開発を行う[1]
  • 1991年 慶應義塾大学理工学部工学博士取得 論文名は「超高速スイッチングシステム構成技術の研究」[1]
  • 1994年 NTTネットワークサービスシステム研究所特別研究員
  • 2004年 慶應義塾大学理工学部情報工学科教授[1]

受賞等[編集]

  • 1990年 IEEE ECTC Conference Best Paper Award
  • 1994年 IEEE ECTC Conference Best Paper Award
  • 1994年 IEEE Transactions on CPMT Best Paper Award
  • 1998年 IEEE ECTC Conference Best Paper Award
  • 2000年 IEEE Fellow
  • 2009年 IEICE Fellow

委員等[編集]

  • 電子情報通信学会編集理事
  • 電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究専門委員会委員長
  • 電子情報通信学会東京支部支部長
  • IEEEコミュニケーションソサイエティボードメンバー
  • けいはんな情報通信オープンラボ相互接続性検証ワーキンググループ主査

著書[編集]

  • 『インターネットバックボーンネットワーク - MPLS, GMPLS, フォトニックネットワークとSDNを理解する - 』電気通信協会
  • 『スマートネットワークの未来 - EVNOが作る新しいエネルギービジネス』慶應義塾出版会
  • 『MPLSとフォトニックGMPLS』電気通信協会
  • 『情報学基礎』共立出版
  • 『やさしいATM』電気通信協会
  • 『Backbone Network Technologies ― ATM, IP and Photonic』Dekker
  • 『Communication System Interconnection Structure, Optoelectronic Packaging』John Wiley & Sons, Inc

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]